退職金を年金受取りにすると なぜ手取りが減るのか?

写真拡大

「手取りを増やす」ためには、税金の仕組みを知ることが早道。新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65』から、抜粋してそのエッセンスをご紹介します!

退職金を年金受取りにすると
なぜ手取りが減るのか?

 退職金の受取り方法というのは、まとめてもらう「一時金」か、ある一定期間にわたってもらう「年金」で受け取る2種類があります。

前回のグラフでは、額面収入は「年金受取り」のほうが多いにもかかわらず、実際の「手取り」で見ると結果は逆転し、「一時金受取り」が130万円も有利となりました。

 なぜなのでしょうか?

カラクリは、税金と社会保険料です。年間収入が多いとそれだけ引かれる額が多くなるからです。

下の表は、前ページのグラフの内訳です。税金と社会保険料の合計額に着目してください。

まず、再雇用で働く60代前半は、「(1)一時金」だと年68万円ですが、「(2)年金」は年89万円にアップします。

年金生活がスタートする60代後半になると、「(1)一時金」は年23万円ですが、「(2)年金」にすると、3倍以上の年70万円の負担になります。

 60代前半よりも負担が大きく増える要因は、リタイアすると国民健康保険と介護保険に加入するからです。

 高齢化が進み、この2つの保険料の負担は軽くはなく、もらえる年金収入が増えると、その分、負担が増してしまうのです。

深田晶恵(ふかた・あきえ)ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。1967年生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じてマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上、「すぐに実行できるアドバイスを心がける」のをモットーとしている。ダイヤモンドオンライン、日経WOMAN等でマネーコラムを連載中。主な著書に『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂6版』『平均寿命83歳!貯金は足りる?定年までにやるべき「お金」のこと』(ダイヤモンド社刊)『共働き夫婦のための「お金の教科書」』(講談社刊)ほか多数。