「自分はどんな人が好きなのか」を改めて考えた(イラスト:堀江篤史)

「40歳は人生の折り返し地点ですよね。働き始めて約20年で、これから先も定年まで20年あります。その40歳になったときにどんな暮らしをしていたいのか。自分の姿を想像して、独身一人暮らしのままではいたくないと強く思いました」

ここは東京・中野にある中華料理店。名物のスペアリブの黒酢炒めなどを食べながら、会社員の杉山明美さん(仮名、40歳)の話を聞いている。20代の頃はレストランで働き、現在の仕事に就くまでは食品関連の講師業をしていた明美さんは、飲食が好きな明るい雰囲気の女性だ。


この連載の一覧はこちら

30歳頃までは仕事と遊びに夢中だったという明美さん。何人かの男性と付き合ったが、結婚しようとは思わなかった。

「仕事を頑張っていて稼ぐことが好きな男性ばかりでした。そういう人は自分から情報をつかみにいくので話が面白いし、失敗しても笑いのネタにする根性がありますよね。でも、結婚相手には家庭を守ってほしいという人が多くて、外で働きたい私の希望とは違いました」

「このまま独身ではマズイ」

そんな明美さんが「このまま独身ではマズイ」と痛感したのは35歳になった頃だ。気がつくと同世代のほとんどは結婚している。一方で、40歳を過ぎても独身の友人は「婚活が大変。出会いがない」と嘆いている。自分はどうしたいのか。30代のうちに準備して結婚しなければ後悔すると思った。

友人が紹介してくれた結婚相談所に登録すると、たくさんの男性会員からアプローチを受けた。明美さんによれば、新規登録して3カ月ほどは「モテ期」が続くらしい。月に5人ぐらいのペースでお見合いを繰り返し、そのうちの1人とはデートを続けることができた。2歳年上の公務員男性である。

「いま考えると、彼のどこが好きだったのかを覚えていません。お酒が飲める人だったから、かな? あの頃はとにかく焦っていました。一緒にいて変な感じがしない人ならば誰でもOK、結婚してくれる人ととりあえず結婚したい!と思っていたんです」

しかし、その男性との相性は良くなかった。成婚退会をする話までしていたのに、ちょっとした言い争いをした翌日に携帯電話を着信拒否されてしまう。あまりに冷たく子どもっぽい別れ方に明美さんはショックを受けた。

「その頃、気分転換も兼ねてフランスのメドックマラソンに出場しました。給水所でワインを飲みながらフルマラソンをするという無茶な大会です(笑)。そこで出会った日本人仲間は面白い人ばかりで、婚活で知り合う男性が色あせて見えてしまいました。そして、自分自身もつまらない人間になってしまっていると気づいたんです」

明美さんは結婚を急ぐあまりに「お見合い相手に話を合わせることで気に入ってもらう」ことに重きを置きすぎていた。たとえば、旅行経験のない男性の前では、海外旅行が好きなことも言えなかった。このままでは自分らしくいられなくなってしまう。

結婚相談所を退会したのが38歳の秋。すると、週末が暇になった。大家都合で引っ越しをするついでもあって部屋の片づけをした。掃除をすると頭の中もすっきりするのかもしれない。明美さんは「自分は何がしたいのか。どんな人が好きなのか」を改めて考えることができた。

「精神的に崩れそうになったときに頼りになる男性がほしい、結婚するかどうかは別として恋人は必要だ、と思いました。そして、やっぱり私は自由に生き生きと稼いでいる人が好きなんです。『やらされ感』で働いているような人には魅力を感じません」

会った瞬間に「この人は面白い!」

その頃に参加した飲み会で、Repreという小規模の結婚相談所を知った。入会時にはカウンセリングを丁寧にするけれど、入会金や月会費はかからないというユニークな結婚相談所だ。

「私は正社員ですけど一般職です。決して高給取りではありません。東京で一人暮らしを続けるのはけっこう大変ですよ。でも、年に1回ぐらいは海外旅行に行きたい。それを削ってまで婚活したくないと思いました。Repreは登録しておくだけなら無料という点が良かったです」

譲れない条件も明確だった。自由な仕事人が好きだという点だ。その話を担当者に伝えたところ、何人かの男性会員と引き合わせてくれた。そして、4人目に紹介されたのが現在の夫である良明さん(仮名、47歳)だ。7年前に脱サラをして、かつては副業だったマンション経営に力を入れつつ、知り合いから引き継いだ飲食店も切り盛りしている。

「以前はハチミツを売っていたこともあるそうです。稼ぐことが大好きだけど自分のおカネには無頓着という変わった人です。ポケットの中にゴミと一緒にお札が入っていたり……。すごく太っていて、見た目はダメダメですけど、ニコニコしていて愛嬌はあります。会った瞬間に『この人は面白い!』と思いました。彼と一緒に退会するときは、もちろん成婚料をちゃんと払いましたよ。成果が出たのだから笑顔でおカネを出せました」

ちょっと失礼な言い方かもしれないが、蓼食う虫も好き好きなのだ。良明さんは女性とのコミュニケーションが上手だとは言えず、外見にも気を遣っていない。ただし、そのことを自覚しており、「自分でもいいという女性とならば結婚したい。自分から断ることはない」という謙虚な態度を明確にしていた。婚活に疲れていた明美さんは、駆け引きをする必要がないことに深い安心感を覚えたと振り返る。晩婚さんには刺激よりも安心が重要なのかもしれない。

結婚までには小さなハードルもあった。良明さんの父親が「孫が欲しい」という理由から明美さんの年齢に難色を示したのだ。これには良明さんが反論した。

「僕は糖尿病。だから、子作りは僕のほうがむしろ問題を抱えている」

明美さんはちょっと複雑な気持ちになりつつも、身を挺してかばってくれた良明さんと一緒に歩んでいくことを決めた。今のところ2人の間には子どもができていない。明美さんは「いてもいなくてもどちらでもいい」ので高度な不妊治療を受けるつもりはないが、良明さんは子どもを希望している。

不妊治療のこと以外は新婚生活は順調だ。生活費は良明さんが明美さんの倍近く負担してくれる。経済面と精神面の安定度が格段に増したと明美さんは感じている。なお、生活面に関しては良明さんのほうが劇的に改善した。

「独身時代の彼は外食ばかりで、掃除や洗濯もいい加減でした。経営しているお店のことが心配みたいで、年中無休でお店に出ていたんです。でも、結婚してからは日曜日はほかの人にお店を任せて体を休めるようになりました。一緒においしいものを食べて、銭湯に行き、マッサージを受けるのが定番のデートコースです(笑)」

自分が求めているのはどんな人なのか

良明さんの外見が好みではないことについては「お互いにいい歳なんだから、(ルックスは)もういいでしょ」と笑い飛ばす明美さん。ただし、「自由に生き生きと働いている面白い人」という条件は大事に、支え合えるパートナーが欲しいと思って行動した。その成果が現在の穏やかな暮らしである。

結婚はゴールではなくスタートだ。独身時代から生活は激変し、しかもそれがずっと続く。だからこそ、一緒にいると安心と喜びをしみじみと感じるような結婚相手であってほしい。

自分が本当に求めているのはどんな人なのか。どんな人ではないのか。簡単なようで、答えるまでにいくつかの人生経験が必要だったりする。いろんな人と出会い、時には傷つきながら、その答えを探していくのだと思う。