画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○「ローカルセキュリティポリシー」で有効にする

Windows 10の標準動作は、最初に作成したユーザーアカウントの種類を「管理者」、その後に追加する家族とその他ユーザーアカウントを「標準ユーザー」(後から変更可能)として指定する。

これはシステム設定を始めとする操作を行うとき、セキュリティ的な理由からUAC(ユーザーアカウント制御)を用いて、管理者へ昇格しなければならないからだ。

ただ、Windows 10はビルトインアカウントとして「Administrator(管理者)」を用意している。このAdministratorを有効にすれば、日常的に利用するアカウント(最初に作成したユーザーアカウント)を標準ユーザーとして利用できる。例えば、職場などの共有PCであれば管理も容易になるだろう。

この操作は、「ローカルセキュリティポリシー」の設定項目、「アカウント: Administratorアカウントの状態」を「有効」に切り替えるだけだ。

切り替えた時点で設定がシステムに反映され、アカウントの切り替えが可能になるので、Administratorでサインインしよう。なお、Administratorアカウントはパスワードが未設定のため、必ず設定しなければならない。

後は最初に作成したユーザーアカウントを標準ユーザーに変更しよう。これで、管理者権限が必要な設定変更やアプリケーションを起動するときに、Administratorのパスワード入力が求められるようになる。

○コマンドプロンプトから実行する

Windows 10 Homeの場合、前述のローカルセキュリティポリシーは使用できない。代わりに、システム回復オプションのコマンドプロンプトを利用する。

上図の操作で先の手順と同じく、Administratorアカウントが有効になるので、パスワードの設定など必須操作を実行してほしい。

なお、1度有効にしたAdministratorアカウントを無効にする際は、最初に作成したユーザーアカウントの種類を管理者に変更してから、「アカウント: Administratorアカウントの状態」を「無効」。もしくはシステム回復オプションのコマンドプロンプトで「net user administrator /active:no」を実行する。

阿久津良和(Cactus)