「何より“ベスト”を必要としている」 怪物ロナウドがネイマールのレアル入り熱望!?

写真拡大

レアルのアンバサダーを務める怪物FWが古巣にエール「上手く戦っている」

 2月に入り、欧州サッカーで佳境を迎えるのはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)だ。

 その最注目カードとなるのは、レアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)であることは間違いないだろう。レアルOBでなおかつPSGのブラジル代表FWネイマールとも近しい元ブラジル代表FWロナウド氏が、この一戦を予測。そして“レアルに来てほしい”とも取れる発言をしたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 “元祖怪物”のロナウドは、かつて所属したレアルのアンバサダーを務めるなど、今もなお世界的名門との関係は深い。それと同時に、現地時間5日にはネイマールの26歳の誕生日パーティーに出席するなど、年齢差を感じさせない交友関係を保っている。ただ、現在リーガ・エスパニョーラで4位と苦戦続きのレアルを取り巻く現状については把握しており、古巣に対してエールを送っている。

「今年はマドリードにとっては難しいシーズンを送っているよ。でも、チャンピオンズリーグでは彼らは上手く戦っているし、サッカーではすべてが瞬時に変化する。僕らはどのようなエンディングを見られるか、ってところだけさ」

 そんなレアルが、前人未到の3連覇に挑むCL決勝トーナメント最初の相手は、ネイマールらを擁するPSG。PSGがリーグ・アンで首位独走中ということもあり、レアルにとって厳しいのではと見る向きは多いが、ロナウドはこう答えている。

ネイマールは「数年後には世界で最高になる」

「非常に難しい試合だよね。僕はレアル・マドリードのアンバサダーだから、僕としてはレアルに勝利してもらいたいけど、PSGだって好きだし、友だちのネイマールがそこにいる。誰もが彼を愛している。だからこそ素晴らしい試合で、“最高のチーム”が勝つことを願っているよ」

 そして今回の勝敗だけでなく、ネイマールの今後の去就についても触れている。「レアルの会長がネイマールについて何か言ってるところは聞いたことがないよ」としつつも、個人的な願望ものぞかせた。

「ネイマールは優れた選手だからね。たぶん数年後には世界で最高になるだろうし、何よりは“ベスト”を必要としている」

 最高の選手こそレアルに所属するべき――。自身も二度のバロンドールを獲得し、セリエAの名門インテルからレアルに加わって「銀河系軍団」を形成したこともあるロナウド氏だけに、本心はやはりかわいい後輩のネイマールにも“白い巨人”の一員になってもらいたいのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images