アンカー・ジャパンは、同社のモバイルバッテリーに対して、早期にPSEマークを取得、表示していくと発表した。

 同社の表明は、2019年2月から実施される経済産業省の新たな方針を受けたもの。モバイルバッテリー(ポータブルリチウムイオン蓄電池)が電気用品安全法(PSE法)の規制対象に加えられ、基準などを満たさない製品は製造・輸入・販売ができなくなる。

 Ankerブランドの製品では、すでにPSEマークの取得に必要な技術基準にマッチした形で製造している上、独自の品質基準を設けているという。2019年2月までの準備期間(経過措置期間)の間に、既存製品への対応を段階的に進め、全ての対象商品にPSEマークが表示されるよう取り組んでいくという。