日本代表がW杯本番直前の6月12日にパラグアイと対戦する。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は2月8日、ロシア・ワールドカップの本番直前となる6月12日に日本代表がパラグアイ代表と国際親善試合を行なうことになったと発表した。試合会場は、ヨーロッパにて調整中という。

 日本代表は6月19日に、南米の強豪・コロンビアとグループステージ初戦を戦うことになるが、同じ南米のパラグアイはまさに仮想敵国となるだけに、重要な試金石の一戦となりそうだ。パラグアイとの過去の戦績は2勝2敗4分けの五分となっている。

 日本は前回ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でパラグアイに惜敗。現在FIFAランキング31位のパラグアイは、ロシア・ワールドカップ本大会出場は逃しているが、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「パラグアイはデュエルの強さが特長であり、戦況に応じたプレーを選択できる賢さも併せ持つチーム。また非常にハードな守備力とカウンターを大きな武器としている」とコメントを出し、本番前の対戦相手としては十分に歯応えのあるチームと見ている。

 なお、日本は6月8日にもスイスと国際親善試合を行なうことがすでに決まっている。