脳梗塞で活動を休止していたラモス瑠偉氏が現場復帰となる

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は8日、ビーチサッカー日本代表の監督に元日本代表のラモス瑠偉氏が就任したことを発表した。また、コーチとして牧野真二氏の就任も発表されている。

 2016年末に脳梗塞で入院し、活動休止となっていたラモス瑠偉氏。16年シーズンに務めたFC岐阜の監督以来の現場復帰となった。ビーチサッカーの代表監督として、ビーチサッカーW杯にはこれまでに4度挑んでおり、自身5度目の挑戦となる。