34戦28発のサラー「ハリー・ケインに勝ちたい」 マドリー移籍の噂については…

写真拡大

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、スペイン『マルカ』のインタビューでプレミアリーグ得点王となることに意欲を見せた。

▽昨年の夏にリバプール入りしたサラーは、ここまで右ウイングを主戦場に圧巻のパフォーマンスを披露しており、公式戦34試合で28得点を記録。リーグ戦では25試合で21得点を挙げており、22得点のトッテナムFWハリー・ケインを追っている。

▽サラーは、ケインとはポジションが違うことで得点王争いでは不利としながらも、リーディングの座を手にすることを目指している。

「彼は偉大な選手だよ。過去2シーズンの得点王となっているしね。ケインはセンターフォワードで、僕より多くのチャンスがある」

「心の中では、得点王になりたいと思っているよ。どうなるか楽しみだね」

▽また、最近ではレアル・マドリーからの関心が伝えられているが、自身の去就については以下のように話した。

「どうしてこういう話が出てくるのだろうね? あまり言うことはないけど、何を言うのならば、『僕はリバプールで幸せだ』ということだ」