【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、中国共産党序列7位の韓正・政治局常務委員と青瓦台(大統領府)で面談した。韓氏は平昌冬季五輪開会式に習近平国家主席の特別代表として出席するため来韓した。

 文大統領は「平昌五輪後も北との対話を続け、北の核問題解決に向けた対話につながるよう韓中両国が緊密に協力しなければならない」と述べた。

 また、中国政府に対し、「両国は同じ目標を持っているが一つ残念なことがある。韓国企業の中国進出が難しい」としながら、この問題について関心を持ってもらいたいと要請した。