ソフトバンクは、最新のAndroidスマートフォンを、子供の利用に適した形にできる新サービス「ジュニアスマホ」を2月9日より提供する。当初の対応機種は、Xperia XZ1/XZs、AQUOS R/R compact/ea、DIGNO G、HTC U11で今後順次拡大する。

 「ジュニアスマホ」を申し込むと、ゲームアイテムへの課金などを通信料とまとめて支払う「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できなくなり、保護者の知らないところで子供が課金するといった心配がなくなる。ただしGoogle Playギフトカードなどから課金することはできる。

 フィルタリングサービス「あんしんフィルター」も適用される。スマートフォンのホームアプリも変更され、カメラや操作のなめらかさなどはそのまま、子供の利用に適した形になる。

 ソフトバンクの携帯電話取扱店での申し込みが必要で、その場でスタッフが設定する。