福井豪雪(写真:毎日新聞社/アフロ)

写真拡大

福井県を襲った豪雪。国道沿いで立ち往生するドライバーに、「餃子の王将」とは別の、あるラーメン店が食事を提供していたことが明らかとなった。

同県で発生した記録的な大雪により、国道8号線は6日からトラックや自動車など車両の立ち往生が発生。最大時におよそ1500台が立ち往生し、8日午前11時の時点でも、動けない状態の車両はおよそ290台あったという。

車内に長時間いるドライバーのため、地元にある「餃子の王将 丸岡店」では余った食材を使い、約500人分の料理を無料で提供した。ドライバーからは喜びの声が上がったそうだ。

しかし、ドライバーの苦境に手を差し伸べたのは、「餃子の王将」だけではなかったようだ。7日放送の「ニュースウオッチ9」(NHK総合)では、国道に面しているラーメン店「てっちゃんラーメン」を取材。大雪のため、店の営業がないというこの店でも、数は少ないながらも、温かいラーメンを無料で提供しているとのこと。

店主の峰健一さんは「昨日からずっとこの調子(豪雪で立ち往生)でしょ?」「(ラーメン)ある分だけでも出してあげようと思って」と説明し、店を訪れるように呼びかけていた。

あるTwitterユーザーは「餃子の王将」を称賛しつつ、「てっちゃんラーメン」にも言及。「拡散したいニュースです」と投稿した。

このツイートは、8日16時の時点で1万5000件以上のリツイートと、1万3000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

【関連記事】
免許センターの気遣いに1歳娘を連れた母親が涙「未来の優良ドライバー」
立ち往生した信越線の乗客がJRに感謝…孤軍奮闘する運転士に励ましの声も
緊急地震速報時の保育士の対応に感動 園児に覆いかぶさり保護