「ガーデンネックレス横浜 2018」開催、みなとみらいや山下公園が春の花々で彩られる

写真拡大

「ガーデンネックレス横浜 2018」が、2018年3月24日(土)から6月3日(日)までみなと地区、2018年3月24日(土)から5月6日(日)まで里山ガーデンにて行われる。

昨年開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を機に、横浜が花や緑で溢れ、より魅力的な街へ発展することを目的としたプロジェクトとして「ガーデンネックレス横浜 2018」が初開催される。

本年は、よこはま動物園ズーラシアに隣接している「里山ガーデン」とみなとみらい地区、横浜公園、日本大通り、山下公園、港の見える丘公園などの「みなとエリア」の2か所で開催。エリアごとに花の種類、見頃が異なる。

みなとエリアでは、3種類の花を楽しむことができる。さくら通りや汽車道にはサクラ、横浜公園や日本大通り、山下公園には計25.6万本のチューリップ、山下公園、港の見える丘公園には計4,400株のバラが植えられ、3月から5月にかけて花開く。特にバラは、香りや色彩などテーマごとに複数のバラ園が作られる。

里山ガーデンでは、市内産のバンジーやビオラを中心として作り上げた、市内最大級約10,000屬梁膕崔鼎登場。春らしいパステルカラーの花々が一面に広がる。さらに、鮮やかな菜の花が眩しい「谷戸の菜の花畑」や"園芸王子"こと三上真史デザインの「ウェルカムガーデン」のほか、花や緑に親しむワークショップなどイベントも開催される。

【詳細】
ガーデンネックレス横浜 2018
■みなとエリア
期間:2018年3月24日(土)〜6月3日(日)
・サクラ
見頃:3月下旬〜4月上旬
場所:みなとみらい地区(さくら通り100本/汽車道19本/運河パーク15本)ほか
・チューリップ(計25.6万本)
見頃:4月上旬〜4月中旬
場所:横浜公園(16万本)、日本大通り(3.7万本)、新港中央広場(3.5万本)、山下公園(2.4万本)
・バラ(計4,400株)
見頃:5月中旬〜5月下旬
場所:山下公園「未来のバラ園」(2,300株)、港の見える丘公園「イングリッシュローズの庭」(1,100株)、「香りの庭」(500株)、「バラとカスケードの庭」(500株)
■里山ガーデン
期間:2018年3月24日(土)〜5月6日(日)の9:30〜16:30
※秋は9月中旬〜10月中旬予定
場所:里山ガーデン
住所:横浜市旭区上白根町1425-4(よこはま動物園ズーラシア隣接)
 


[写真付きで読む]「ガーデンネックレス横浜 2018」開催、みなとみらいや山下公園が春の花々で彩られる

外部サイト

  • カレッタ汐留のイルミネーション『美女と野獣』をテーマにした”愛の物語”、1・2月限定ショーも
  • 「第69回さっぽろ雪まつり」"鉄腕アトム"や"FF"の大雪像、雪の滑り台などの屋外会場も
  • 京都・梅小路公園でライトアップイベント、緑の中に約3万球の"星屑"が舞い散る