ジャパンハウスに設置された東京トラベラーズ=8日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪・パラリンピックの期間中、2020年東京五輪・パラリンピックの情報発信拠点となる「ジャパンハウス」が8日、メディアに公開された。韓国の広報館「コリアハウス」などが設置されている江陵オリンピックパークに位置し、平昌五輪開幕日の9日にオープンする。

 東京の観光情報を紹介する「東京トラベラーズ」や東京五輪広報館、日本文化体験館などが設けられている。

 東京トラベラーズは訪問客を全身スキャンし、それに基づいて作製した本人と等身大のアバターが横12.5メートル、縦4.5メートルの巨大スクリーンに登場。浅草やスカイツリー、お台場など東京都内の観光名所を訪れ、実際に東京を旅行しているような体験ができる。東京五輪追加競技の野球・ソフトボールや空手など5競技の選手となり、イメージ写真を撮影できるコーナーも設置された。