画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ウエスタンデジタルコーポレーションは2月8日、サンディスクブランドのmicroSDカード「サンディスク ウルトラ プレミアム エディションmicroSDXC UHS-Iカード 400GB」を発表した。microSDカード1枚で400GBもの容量を持つのが特徴。アプリケーション パフォーマンスクラス1(A1)にも対応しており、Androidスマホのアプリ保存用としても使える。スマホや携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機などで多くのコンテンツを楽しみたい人に訴求する。価格はオープンで、実売価格は税別50,000円前後。すでに出荷を開始している。

1枚で400GBの容量を持つサンディスクブランドのmicroSDXCカード

最大の特徴が、1枚で400GBの容量を持つこと。同社のmicroSDカードでは最大容量となる(これまでは256GBタイプが最大)。フルHD動画ならば約40時間分を保存できる。読み込み速度も約100MB/秒と高速だ(書き込みはこれよりも若干遅くなる)。

アプリケーション パフォーマンスクラス1(A1)に対応したことも特徴の1つとして挙げられる。Androidスマホでカードをフォーマットすれば、スマホ内部のストレージ拡張用として使える。アプリをmicroSDカードに保存して直接起動できるようになるので、より多くのアプリが利用できる。