画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ベースフードは4月10日、完全栄養即席カップパスタ「BASE PASTA quick」(590円・税込)を同社公式サイトおよびナチュラルローソンで発売する。

即席カップ麺は「栄養が偏っていて不健康」というイメージが強いが、同商品は「1食で一日に必要な栄養素の1/3(※)が摂れる、完全栄養の即席カップパスタ」であるという。カロリーや糖質も考慮し、従来の麺と比べて糖質50%オフ、カロリー30%オフ(同量の生パスタと比較)とした。

作り方は従来のカップ麺と同様で、お湯を入れて3分経ったら湯切りをし、付属のパスタソースを和えるだけで完成する。限られた時間でも手間をかけずに、かつ調理環境がない場所でも、栄養バランスのとれた食事を摂取できるとのこと。

味は「バジル香るジェノベーゼ」「濃厚えびクリーム」の2種類を用意した。「バジル香るジェノベーゼ」は、バジルのペーストにチーズやガーリックを加えたジェノベーゼパスタ。1個あたりのカロリーは448kcal、糖質42.9g。「濃厚えびクリーム」は、えびの旨味を詰め込んだクリームパスタ。1個あたりのカロリーは453kcal、糖質47.8g。

※栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に基づく(過剰摂取の懸念されるカロリー・炭水化物・ナトリウムを除く)