まるでホルモン!?「鶏皮鍋」がぷるぷるコクうま〜

写真拡大 (全5枚)

鶏肉といえば、もも、むね、ささみ、手羽先など、いろいろな部位がありますよね。鶏肉の中でも特に安いことで隠れた人気があるのが「鶏皮」。焼き鳥のようにカリッと焼いて食べるのが好きな人は多いかもしれませんが、実は「鍋」にしても美味しいって知っていましたか?

ホルモンのような食感が楽しめる鶏皮鍋


ぷるぷるとした鶏皮を鍋に入れると、ホルモンのような食感を楽しめるのです!ただ、そのままでは少し脂っぽいので、鍋に入れる前にちょっとした一手間をかけるのがポイント。さっそく作り方を紹介しましょう!


お肌ぷるぷる鶏皮鍋

by mydogkohaku

安い鶏皮とシャキシャキレタスでさっぱりとした湯豆腐風に。簡単です♪
翌日は、お肌ぷるぷるです。

1.鶏皮の裏の余分な脂肪を取り除いてから下茹でをします。


2.下茹でした鶏皮をさっと水洗いします。


3.土鍋で昆布出汁をとり、お鍋の中にタレを置いて(耐熱容器を使ってください)、具材をグツグツ煮たら完成!


下茹でをすることで余分な脂が落ちるので、カロリーダウンにもなります。ほかの部位では味わえない、ぷるんぷるんの食感がクセになりそう!お安く手軽にモツ鍋気分を味わってみてくださいね♪(TEXT:妹尾香雪)