平昌冬季五輪の江陵選手村で北朝鮮選手団の入村式が行われた。大会マスコットのスホランとハイタッチしながら笑顔を見せる北朝鮮の選手=8日、江陵(聯合ニュース)
(END)
【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪の開幕を翌日に控えた8日、江陵選手村で北朝鮮選手団の入村式が行われた。

 北朝鮮選手団は、韓国と合同チームを組むアイスホッケー女子、フィギュアスケート・ペア、スピードスケート・ショートトラック、アルペンスキー、クロスカントリースキーでワイルドカード(推薦枠)を得た22人の選手と役員24人の計46人。

 入村式では、村長を務めるキム・ギフン蔚山科学大教授の歓迎のあいさつに続き五輪旗、人共旗(北朝鮮の国旗)が掲揚され、祝賀公演も行われた。

 入村式には北朝鮮の応援団、記者団も出席し、式典を盛り上げた。