画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●VRゴーグルで駅から物件までの環境を体験可能に

住居を借りたり、買ったりする際、事前にリフォームや自分好みのインテリアに仕立てたイメージを見ることができたらいいのに……と思ったことはないだろうか。

大京穴吹不動産は、ARやVRを活用して、これまでとは異なる形態で中古物件の販売を開始した。ARやVRを用いることで、今までは見ることができなかったリフォーム後の中古物件を顧客に見せることを可能にしたのだ。

そこで、大京穴吹不動産 事業統括部 担当部長 兼 営業推進課長 菅原仁氏に、同社におけるAR/VR活用の取り組みについて聞いた。

○VRで現地に行かなくても部屋見学が可能に

同社は2016年5月に、スマートフォンサイトでの売買・賃貸物件紹介において、360度パノラマ画像を閲覧できるサービス「ぐるっとネットDeオープンルーム」を開始した。同サービスを開始した背景について、菅原氏は次のように語る。

「住居の売買や賃貸を扱うWebサイトでは、お客さまの判断材料となる視覚的情報を増やして満足度を上げるため、写真の枚数が20枚、30枚とどんどん増えていく傾向がありました。そこで、より多くの情報を伝える手段として、情報量が多い動画やVRの利用が始まりました。われわれは、シータカメラで撮影した360度パノラマ画像を閲覧できるサービスを提供することにしました」

そして同年9月には、VRを用いて部屋の見学を疑似体験できるサービス「ぐるっとネットDeオープンルームVR」の提供を開始。同サービスは、スマートフォンサイトで売買・賃貸物件を閲覧する際、VRゴーグルにスマートフォンをセットして上下左右に動かすことで、左右を向けば左右の方向、上を向けば天井や室内全体を見ることができるというもの。

利用者は部屋の中で見学しているような臨場感の下、自分の見たい場所を自由に見ることができる。

同社はVRゴーグルを営業拠点74店舗に導入したほか、顧客への郵送も行っている。というのも、VRゴーグルは、購入を検討している人が利用する場合に加えて、両親に資金の融資を受ける場合、海外の顧客が投資目的で購入を検討する場合にも有効だという。

「ぐるっとネットDeオープンルームVRでは、駅から現地までの導線を確認する機能も検討しています。現地に足を運ばなくても、駅前にどんな施設があるか、物件の近くに何があるのかなどを把握することが可能になります。VRゴーグルを使えば、情報提供者が見せたい情報だけではなく、お客さまが見たい情報を見ることができるのです」(菅原氏)

○VRで売主が住んでいる住宅のリフォームイメージも確認可能に

続いて2017年2月には、VRゴーグルを用いて、中古住宅をリフォームした後の室内の様子を再現したCG画像で確認できるサービス「バーチャルリフォームルーム」の提供が開始された。

同サービスでは、実際の室内写真と比較して、CG画像による3種類のリフォームイメージを確認できる。リフォームイメージは360度全方向自由に閲覧できる。

中古住宅の売買は、売主が居住している状況で行われることもある。その場合、物件を隅から隅まで見せるということは難しい。また、建築してから年月が経っている場合、当然のことながら、壁などが汚れていたりして、口頭での情報伝達のみでは、購入後の生活を想像しづらい。

こうした課題は、売る側、買う側の双方にとってデメリットを生むと言える。そこで、「バーチャルリフォームルーム」で、リフォーム後のイメージを確認してもらうことで、中古住宅の売買における課題を解決することが可能になるというわけだ。

●ARで「ホームステージング」にかかるコストと手間を削減

○ARの活用でスマホにホームステージングされた部屋を再現

ARについては、2017年11月、ARを用いて、仲介物件やリノベーション済み物件の空室に家具や小物でインテリアコーディネートを行い、モデルルームのようにより良い印象を与える「ホームステージング」を行う「ARホームステージングサービス」の提供を開始した。

同サービスでは、GoogleのAR技術「Tango」に対応したレノボ製スマートフォン「Phab 2 Pro」の画面を通して、何もない実際の室内で家具や小物でコーディネートした状態を好きな場所・角度から見ることができる。

同サービスでは、リビングスタイルのホームステージング用スマホアプリ「RoomCo ARホームステージング」を利用する。同アプリは、スマートフォンのカメラを使い、画面に映し出された現実の空間に、21社30万点以上の家具の3Dデータを自由に配置して試すことができるもの。同アプリを使えば、部屋の採寸を行わなくても、家具の"試し置き"が行える。

室内に家具を実際に配置するとなると、その搬入やセッティングに時間がとられるうえ、1戸当たり20万円から40万円のコストが発生する。そのため、ホームステージングが行える物件には限りがある。

しかし、「ARホームステージングサービス」を利用すれば、これまでよりも多くの物件にホームステージングを行うことが可能になる。VRを用いたサービスと同様、同サービスにより、買う側も購入後の生活をイメージしやすくなるため、売る側と買う側の双方がメリットを享受できる。

○VRだけでは片手落ち、ARとの併用でビジネスに変革を

大京グループはグループ全体のIT利用を統括する部門を擁しており、大京穴吹不動産のARやVRの導入に関しては、菅原氏が属している事業統括部が統括している。ARやVRの開発やサービスを手掛けるベンダーと協力して、サービスを開発している。

サービスの開発にあたっては、既存のサービスだけでなく、同社が提供可能なサービスまで視野に入れて、検討を行っているそうだ。「ARやVRに関わるベンダーの中には、個人利用を対象に完成したサービスとして提供しているところも多いです。企業側としては、そうしたサービスの中から必要な技術を活用して新たなソリューションをつくることで、ビジネスを変えていくことが可能であるかを十分に検討する必要があるでしょう」と、菅原氏は語る。

また、ARやVRを利用する上での課題について、菅原氏は「もっと普及させたいと考えていますが、例えば、『バーチャルリフォームルーム』では事前の採寸が必要など、手間がかかるのも事実です」と指摘する。加えて、技術の進歩が速いことを挙げる。「導入を検討してから数カ月後に導入すると、既に技術が進化していることがあります。常に最新の情報を求めるアンテナを張り巡らせていないと、サービスが陳腐化するおそれがあるのです」

そして、現場のスタッフや顧客にARやVRを利用してもらうための課題も感じているという。同社のAR/VRサービスではスマートフォンを利用するが、当然ながら、人によってリテラシーが異なる。そこで同社は、現場や顧客に負担をかけることなく、サービスを利用してもらうかということにも重きを置いている。

さらに、業務への導入効果を測定するため、スモールスタートで始めている場合も多いという。その対象店舗は、比較的ITリテラシーが高いスタッフがいるそうだ。

菅原氏に、ARとVRの使い分けについて聞いてみたところ、次のような答えが返ってきた。

「ARは拡張現実であり、実際の部屋にイメージを被せることができます。VRは仮想現実であり、どこでも新たな空間を作り出します。例えば、リフォーム後のイメージをVRで確認したあと、ベッドなどの家具がその部屋のサイズに合うかどうかは、ARによって確認することができます」

VRとARの長所をうまく生かす形で業務に活用している大京穴吹不動産。同社のサービスは、住居を探す人々に対しても、これまでとは違う「住まい探し」を提供していると言えよう。