2003年の今日、「クリエPEG-NZ90」が発売されました:今日は何の日?
おもなできごと

・2003年2月8日、ソニーが折り畳み式のPDA「クリエPEG-NZ90」を発売

・2013年2月8日、ロジクールがMacのマルチタッチ対応無線トラックパッド「T651」を発売

・2016年2月8日、ドコモの読み放題サービス「dマガジン」がPCへ対応

・2018年2月8日、Pikiiがニンテンドースイッチ用ソフト「Cave Story +」を発売2月8日は郵便マーク「〒」が告示された日。郵便マークの日と呼ばれています。1887年に逓信省告示第11号で定められました。最初は「〒」ではなく「丁」だったという話がWikipediaにあって興味をもったのですが、ウェブ検索では原文を見つけられず確認できませんでした。ちなみに郵政博物館での収蔵品紹介でこのマークに触れられている解説では、最初から「〒」になってます。

過去のできごとで気になったのは、ソニーの「クリエPEG-NZ90」発売(2003年)。横方向に回転する液晶を装備し、開いても畳んでも使えるようになっていたPDAで、200万画素のCCDカメラを搭載していました。当時のPDAとしても、かなりゴツイ部類に入ります。開くとQWERTYキーボードを装備していたほか、FeliCaリーダーを内蔵していたりとかなりやんちゃな印象。さらにCFスロット装備で、別途カードを装着することでPHSのデータ通信やWi-Fiにも対応できました。ジョグダイヤル装備っていうのが、懐かしいです。

もうひとつ気になったのは、ドコモの「dマガジン」がPCへ対応したこと(2016年)。雑誌の読み放題サービスとして人気のあるdマガジンですが、PCからも読めるようになったことで、大画面で読めるようになりました。しかも専用ソフトなどを使わず、ブラウザーから読めるというのがうれしいですね。あと、見開き表示できるというのも地味にうれしいポイントかと。

去年の今日から気になる記事をピックアップ


・火事で焼け出された男、心臓ペースメーカーのログから保険金目当ての放火がバレる。ネコ1匹が逃げ遅れ(涙)


火災で保険金を得るつもりが、ペースメーカーのログから詐欺だとバレてしまったという話題です。火災に気づいてからとは思えないほど不自然な荷造りとその持ち出し、通報先の消防署職員から避難を指示される前からさっさと避難し終わっていたという、手際のよさが疑問に思われたそうで......。ペースメーカーのログからも、これだけの行動ができたとは思えないとの証言が出ています。ログだけで自作自演だと判断されたとしたら怖いものがありますが、その後の検証で家の外側数か所からの放火というのがわかり、自身での放火と断定されたとのこと。ペースメーカーではなく、Apple Watchの心拍ログが捜査に使われる日がくるかもしれません。