(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

写真拡大

公開から1年以上たった現在も上映が続いている映画『この世界の片隅に』。大ヒットしたのはなぜなのか。アニメ史に詳しい岡田斗司夫氏は「ジブリ映画とは違う手法で、徹底的にリアリズムを追求し、それに成功している」と評価します。その具体的な手法とは――。

■日本と世界で起こっているアニメの争奪戦

2018年お正月テレビ番組の見どころの1つは、テレビ局の「アニメ映画」対決でした。

テレビ朝日は「新海誠特集」と題して、元旦から新海誠作品を一挙放映。1月3日に地上波初放送となった『君の名は。』(2016年)は、番組平均視聴率17.4%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

一方、以前からジブリと関係の深い日本テレビは、「冬もジブリ」と題して「金曜ロードSHOW!」で『魔女の宅急便』(1989年)、『ゲド戦記』(2006年)を2週連続で放映。『魔女の宅急便』は13回目の地上波放送にもかかわらず、平均視聴率は12.5%と好調でした。

ただ、日テレはジブリとのつながりを重視したことで、『シン・ゴジラ』(2016年)や『君の名は。』といった新世代の作品をテレビ朝日に取られてしまったとも言えますね(『シン・ゴジラ』は実写映画ですが、僕の見るところ、限りなく「アニメ」に近い作り方をした作品です。これについては近著『大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ』(KADOKAWA)で解説しています)。

■感動して、言葉にならず、呆然とした

今、アニメ人気は日本だけでなく世界で高まっているのですが、その要因の1つに、2016年の日本製劇場アニメの大豊作があります。世界中で大ヒットした『君の名は。』は当然として、忘れてはならないのが『この世界の片隅に』の存在でしょう。

当初は日本国内で63館でしか上映されていなかった『この世界の片隅に』は、口コミで評判が伝わって上映館が増え、世界中で公開されました。興行収入も国内だけで26.4億円を達成しており、公開から1年以上たってもまだたくさんの映画館で上映されています。

僕は映画館で『この世界の片隅に』を観たのですが、上映後、僕も含めて観客は呆然(ぼうぜん)としていました。ほんとうにすごいものを観たら、人間はなかなか言葉にできなくなります。「泣く」とか「笑う」というのは、感情がまとまっていて扱いやすいけれど、すごい感動というのは、言葉にならずに呆然とするものなんです。

テレビ局も『この世界の片隅に』は欲しいところでしょうが、主人公すずの声優を務めた「のん」(能年玲奈)の事務所移籍騒動があったから、怖くて手は出せないかもしれませんね。地上波で『この世界の片隅に』を放映できるとしたらNHKでしょうか?

さて『この世界の片隅に』、ジブリ作品とは浅からぬ因縁があります。この作品は、あらゆる意味で、宮崎駿、高畑勲らのジブリ作品に対する強烈な「アンサー」になっているんですよ。

■『この世界の片隅に』が成し遂げたリアリズム

『この世界の片隅に』の監督、片渕須直は、かつてスタジオジブリの『魔女の宅急便』(1989年)で監督を務めることになっていました。『魔女の宅急便』については、宮崎駿が監督になったため、演出補として参加しています。

36歳の時にテレビアニメ『名犬ラッシー』(1996年)、41歳の時に映画『アリーテ姫』(2001年)を作っており、アニメ監督しては遅咲きでしょう。彼は日本大学芸術学部でアニメーションを専攻し、特別講義が縁で宮崎駿と仕事をするようになりました。

僕が見るに、片渕須直は青春期の才能のすべてを宮崎駿とスタジオジブリに吸い取られた不遇の作家ですね。彼が監督した『名犬ラッシー』は、世界名作劇場で唯一打ち切りになってしまった作品ですが、当時、僕は娘といっしょに観ていて「うまいなー」と感心していましたから。

片渕監督は、『この世界の片隅に』の主人公すずが実在していることを観客に信じさせるため、徹底的なリアリズムを追求しました。広島にしても、呉にしても、当時の町並みは爆撃によってなくなってしまったわけですよ。今はもうない、もう見ることができない街を、あらゆる資料を調べ尽くして存在させた。そうして出来上がった映像は、その時代にタイムスリップして見てきたとしか思えない! 「すずがこの欄干を触ったかもしれない」「すずがこの商店街を歩いたかもしれない」と思えてくるんですよ。

ジブリ映画でも、かまどの火の起こし方やご飯の炊き方を緻密に描写しているんですが、『この世界の片隅に』とはやり方がだいぶ違います。なぜかというと、ジブリの手法は、風呂のたき方にしても「ほらほら手作りですごいでしょ」と教える描き方なんですよ。「昔はこうだったんだよ」と伝えるリアリティについて言えば、『この世界の片隅に』に分があります。

■従来の日本アニメとは「動き」が違う

アニメーションの見せ方としても、『この世界の片隅に』では、ユニークな手法が使われています。

日本のアニメは、キャラクターが大きな動きをする時、「中抜き」することが一般的です。本来であれば、動画を1コマ1コマ埋めるべきところをわざと抜く。人間の脳は抜かれたコマを補完して、途中の動きも描かれているかのように認識する。たとえば、『もののけ姫』のサンとエボシ御前が戦うシーンでも、エボシ御前が刃物を抜いてサッと振る時、振っている途中の腕は描かず、刃物の軌跡だけが空中に描かれています。

中抜きによってスピーディでカッコいい動きを作り上げてきたのが日本のアニメなんですが、『この世界の片隅に』では、ものすごく細かな動きをたくさん入れているんですね。

映画冒頭、すずが行李(こうり)という大きい荷物を担ぐシーンがありますが、ものすごくゆっくりした動きなのに、すごくリアルに動いて見えるし、動きもかわいらしいんですよ。これまでの日本のアニメでは、箸を手に取るシーンがあったら、箸に手を触れた次の瞬間にはもう箸を正しく持っています。僕たちはそういう動きを当たり前だと思っていました。

■スタジオジブリ制作部門の解体が関係か

ところが、『この世界の片隅に』はそうではありません。登場人物はお箸を手に取った後、もう片方の手で押さえながら持ち替える。やってみるとわかりますが、誰でもこうやって箸を持ち替えますよね。アニメーションとしての表現がとんでもないレベルに達しているんですよ。日本アニメがこれまでやってこなかった領域への挑戦でしょう。

こうしたレベルの高い作画が可能になった背景には、スタジオジブリ制作部門の解体が関係していると僕はにらんでいます。2013年9月に宮崎駿は長編映画製作からの引退を発表し、2014年にはスタジオジブリの制作部門が解体されましたが、これによって日本中にジブリ出身の優秀なアニメーターが散っていったわけです。

後編では、『この世界の片隅に』の物語構造、そして制作プロセスまでもが、ジブリ作品へのアンサーになっていることを解説していきたいと思います。(つづく)

----------

岡田斗司夫(おかだ・としお)
社会評論家
1958年大阪府生まれ。1984年にアニメ制作会社ガイナックスの創業社長を務めたあと、東京大学非常勤講師に就任、作家・評論家活動を始める。立教大学や米マサチューセッツ工科大学講師、大阪芸術大学客員教授などを歴任。レコーディング・ダイエットを提唱した『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)が50万部を超えるベストセラーに。その他、多岐にわたる著作の累計売り上げは250万部を超える。

----------

(オタキングex社長、作家、社会評論家 岡田 斗司夫)