「酒亭 沿露目」の大野さんが2店目に出したこの店は、レモンサワーが看板酒。“名代”と名のつく基本形に、塩・甘・辛・苦の5種類が揃い、それぞれに味の緻密な計算がなされている。

酒肆一村(最寄駅:門前仲町駅)

搾りたてのレモン果汁を共通として、ふたつのジンを使い分け、酒粕塩や柚子胡椒ソース、薬草リキュールといったフレーバーをプラス。最後に注ぐ炭酸とレモンピールによって、ひと口目の爽快さを演出しながらも、飲み進めれば次第に味が濃くなっていくという巧みな仕掛けが潜む。なぜ5種もの味を作ったのかを伺うと、「“どんな味かな?”と集中しながら飲むのって面白いじゃないですか。それはお酒の遊びのひとつだと思うんです」と大野さん。レモンサワーのさらなる愉しみがこの店にある。

甘味レモンサワー

“甘味”はヘイマンズ・オールド・トム・ジンに粉糖やアンゴスチュラビターズ(薬草酒)を加えた甘やかな風味

辛味レモンサワー

“辛味”は柚子胡椒ソースのぴりっと爽快な辛味

苦味レモンサワー

“苦味”はウンダーベルグ(ドイツの薬草酒)の独特な香りと苦みが口いっぱいに広がる

玉子サンド

「フライのイメージで作った」(大野さん)というだけあって、サクッと香ばしいパンからジュワッと具が溢れ出る食感は、まさにフライのよう

クジラ竜田揚げ

醤油ダレに漬けて揚げたクジラ肉は濃厚でコクのある味わい

酒肆一村

東京都江東区深川2-1-2 深川岡野ビル2階 [TEL]03-5875-9963 [営業時間]18時〜翌1時 [休日]日(月は不定休) [席]カウンター12席、テーブル4席×1卓、2席×2卓、計20席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し代648円 [交通アクセス]地下鉄東西線・都営大江戸線門前仲町駅6番出口から徒歩1分