決め手はニュアンス!トレーニング時もオシャレに、まとめ髪スタイル

写真拡大 (全2枚)

若見えの秘訣はスタイリング剤

「スタイリング剤をつけないと、“おばさん”に見えやすい」と成田さん。その理由は“後れ毛”。

「髪の毛を結んだ場合、一番おばさんっぽく見えるのは、サラサラの黒髪で後れ毛が出ているパターンだから」

「ダウンの場合サラサラしている髪の毛はきれいですが、サラサラの髪の毛をしばった時の数本の後れ毛は、疲れているような雰囲気になりがちです。またサラサラしている髪の毛でも、色が明るければ後れ毛がニュアンスに変わりますが、黒い場合はそれがニュアンスに変わりづらいんです」

うーん、納得!

「黒い毛の人は重くなりやすいですし、数本の後れ毛がおばさんっぽく見えがち。数本出すのなら、束で出したほうがデザインになってくれます。だから、スタイリング剤をつけたほうが、きれいに束になってくれるというわけです」

後れ毛と、結ってあるところの毛を“いい束”にしてあげるために、スタイリング剤をつけるというわけ。スタイリング剤は何がおすすめですか?

「ワックスやヘアクリーム。質感的にはオイルワックスが今の感じだと思います」

決め手はニュアンスをつけること

髪の毛を浮かせてニュアンスをつけることなく、ぴったりとしたきれいな面にして一つに結ぶのは、子どもっぽくもおばさんっぽくも見える、と成田さんは指摘します。

「ただ耳の上2僂阿蕕い離汽ぅ匹糧韻蓮△△泙衂發せすぎるとおばさんっぽく見えちゃうみたいなので、下がらないよう、緩まないようにしておいたほうがいいです。ここ大事ですね」

また要注意なのは、ネープ(襟足の生え際の毛。うなじ、襟首)の部分。

「ネープもちょっとの緩みだと素敵なんですけど、緩みすぎるとおばさんっぽく見えますね」

 

お団子にする場合は、“キッチリ”としない。

「きれいにとかしたツヤツヤの毛で、きれいにこぢんまりと、(アニメ『サザエさん』に出てくる)フネさんみたいなお団子にしてしまうと、おばさんっぽくなっちゃう(笑)」

大きめの、ふわっとしたお団子にすれば、かわいくなりますか?

「そうですね、ちょっとルーズなお団子。ルーズにするやり方は、最初は難しくても、何回かやっているとはまってくると思います。ほんのちょっと、結った時にクシュッとやるだけのことなので、その感じをつかめてきます」

ストレートの髪は、内巻きに

ストレートでサラサラの髪の人は、まとめ髪が難しいかもしれません。

「数本の後れ毛が、一歩間違えると疲れたように見えるんですよね」

そこで大事なのが、スタイリング剤。スタイリング剤がついていれば、後れ毛もまとめた毛にくっついてくれます。また、ストレートの髪の人は毛先もまっすぐなので、ニュアンスをつけるのが難しいことも。その場合は、毛先だけ軽く巻いてあげるのがおすすめ。

「頭の片方の髪を三つか四つずつぐらいに分けて、毛先だけをちょっと内に入れてあげるだけで、まとめやすくなると思います」

かわいくまとめた髪で気分を上げて、さあ今日もトレーニングに励みましょう!

 

ライター:沢田聡子
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロデュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。http://www.fumika-kyoto.com/