ポーズを決めるオカダ(左)とSANADA

写真拡大

 「プロレス・新日本」(10日、エディオンアリーナ大阪)

 7日、都内で、王者オカダ・カズチカ(30)にSANADA(30)が挑戦するIWGPヘビー級選手権試合の調印式を行った。

 SANADAは「オカダはEVIL、内藤哲也を倒した男。これは倒しがいがある」などと意欲を示すと、オカダは「EVIL、内藤ができなかったことをできるのであれば見せてくれればいいけど、それはできない」と余裕のV10宣言。SANADAはほぼ無言を貫いていたが、1月の札幌大会でオカダに要求されて話すようになり、オカダは「これだけしゃべるんだとビックリしている」と驚いていた。