先物市場は、ビットコイン投資に警告を発している

写真拡大

 ビットコインの価格について先物市場から得られる情報は、現物市場の情報より信頼できる。

 ところが、ビットコインの先物市場のデータを分析すると、「ビットコインの先物売りは利益をもたらすが、現物買いは損失をもたらす可能性が高い」という結論が得られる。

 だから今はビットコインへの投資は慎重であるべきだ。

先物市場は機関投資家が参加
情報が信頼できる

 株価や為替レートなどの資産価格の予想について、しばしば「チャート」や「罫線」が用いられる。しかし、これらには何の根拠もない。

 だから信頼すべきでない。

 そこで、資産価格の評価には、しばしば「ファンダメンタルズ」の分析が行なわれる。株価の場合には企業業績、為替レートの場合には内外金利差などだ。

 しかし、ビットコインの場合には、それに相当したものがない。

 もちろん、ビットコインの価格には、さまざまな要因が影響する。

 それらを知るのに、先物市場が発する情報は重要だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)