順調だと思っていたが、突然のお断り…(写真:msv / PIXTA)

「こっちは真剣に婚活しているんですよ! 見合いのお茶代もデート代も、カネを払うのはいつも男。結婚する気があるんだかないんだか、気持ちがクルクル変わる女の気まぐれに付き合わされていたら、時間の無駄、カネの無駄、本当に疲れますよ!!」


この連載の一覧はコチラ

月1面談にやってきた会員の内田則雄(44歳、仮名)は、ソファに腰をかけるなり声を荒らげて言った。入会してお見合いをスタートさせてから3カ月が経つ。いつも温和で笑顔を絶やさず、前向きな発言が多かった彼が、こんなふうに不快感をあらわにしていることに、婚活の不調ぶりがうかがえた。

断られた理由が、理不尽で納得できない

則雄は、バツイチで、身長172センチ、痩せ型、見た目も悪くない。年収も680万円あり、ローンは支払っているものの、1時間弱で都心に出られる場所に一戸建ての家を購入していた。普通ならいくらでもお見合いが組めるタイプだ。しかし、彼のウィークポイントは、別れた妻側に8歳になる男の子がいることだった。

婚活市場において、40代のバツイチは決してハンデにならない。むしろ結婚経験があったほうが安心される。これは男女ともにいえることだが、中高年の初婚者は、自分のライフスタイルが確立されている。そこにきて結婚への理想があり、それを変えようとせずに相手と向き合おうとする傾向にある。また、異性と深く付き合った経験がない人もいる。そこへいくと再婚者は、失敗から学んでいることもあり、結婚を現実としてとらえ、結婚に対する考え方に幅がある。

ただここに子どもがいるとなると、とたんに敬遠されるようになる。養育費、進学時の費用、将来的には相続の問題が出てくるからだ。また、心理的に、自分はかかわっていない、しかし相手とは血がつながっている子どもがこの世に存在することに複雑な思いがある。ことに初婚女性の場合、「バツイチ男性はいいが、子どもがいる人は嫌」という人が多い。

その厳しい現実に、則雄も直面していた。入会するや30を越えるお申し込みをかけたものの、なかなかお見合いが組めなかった。ウェブサイトのお申し込みでは会える確率が少ないと感じた彼は、積極的にパーティにも参加するようになった。

こうして積極的に動いた結果、3人と「交際」に入った。ところが、3人とも3回の食事の壁が越えられずに、女性からお断りされてしまった。その断られた理由が彼にとっては理不尽で納得できず、前出の言葉につながった。

「質問ばかりされ、尋問のようで苦痛だった」

最初にお付き合いしていたのが、会社員の安西麻巳子(41歳、仮名)だった。交際に入った当初の経過報告を聞くと、極めて順調そうだった。

「毎日メールのやり取りをしていますよ。電話も週に2回くらいしています。一度電話すると1、2時間は話していますよ」

ところが、3回目の食事を終えたところで、突然の“交際終了”が相談室から入ってきた。

則雄からは、「昨日のデートも楽しく会話できました」と聞いていたので、 “交際終了”の理由はなんなのか、彼に“お断り”が来たことを伝える前に、相談室に問い合わせた。

すると、相談室の仲人からこんなことを言われた。

「内田さまの電話は毎回長くて、なかなか切ろうとしない。その中で執拗にいろいろな質問をされて、安西はそれがつらかったようです」

その夜、則雄に“交際終了”が来たことと“お断り”の理由を電話で伝えた。すると彼は、あきれたような声を出した。

「えーっ、なんですか、その理由! 確かに電話をかけていたのは、僕ですよ。彼女からかかってきたことはない。でも、執拗にいろんな質問されたって? それを言われるのは心外だな。電話では彼女が7割方しゃべって、僕が話をしていたのは3割程度だったと思いますよ」

則雄の言い分はこうだった。

「電話をすると、彼女はその日に会社であった出来事を、堰を切ったように話し出すんですよ。そのほとんどが、会社の人たちの愚痴。『私が休憩に入ろうとしたら、何々さんが仕事を頼んできた』とか。『斜め前に座っている何々さんは、書類を製作してもミスが多いから、私の仕事量が増える』とか」

則雄は、恋愛本によく書いてある“女性の話は聞いてあげることが大事です”という言葉を思い出し、「ふんふん、そうなんだ」「それは大変だね」と、ひたすら聞き役に回るようにしていたという。

「でも、僕は安西さんの会社の人たちのことはまったく知らないから、話を聞いても顔が浮かばないし、ちんぷんかんぷん。そもそも愚痴って聞いても楽しくない。だから、話の切れ目で、『ところで、プロフィールに旅行が好きって書いてあったけれど、最近はどこに行きましたか?』とか聞くわけですよ。そうすると、『先月の連休に友達と箱根の温泉に行きましたよ』『へぇ、何人で行ったの?』『女3人で。そういえば、この間、富士急ハイランドに会社の同僚の男女2対2で行ったんですね。そうしたら、その中の男性1人が、4人で一緒に撮った写真を会社でみんなに見せて回っているんですよ。それがもうすっごく嫌で』って、会社の人の愚痴話がまた始まるんです」

そこで、またそれをひとしきり聞き、区切りのいいところで、「ところで海外旅行は好きなの?」と聞くと、「海外にはあんまり行かないです」と答え、再び愚痴話に戻るのだという。

ただそのときの則雄は、愚痴をこぼす彼女を好意的に受け止めていた。愚痴をこぼすのは、自分に心を開いてくれているからだ、と。そしてなにより色白で、年齢よりもぐっと若く見える美人の麻巳子の見た目に惹かれていた。

それなのに突然のお断り。

「こんな結果になるんだったら、彼女の会社の愚痴なんか、我慢して聞かなけりゃよかった」

とはいえ、ここはまだ初めての失敗だったので、「次に行きましょう! 次!!」という私の言葉に、「そうですよね、終わってしまったものはしかたがない」と気を取りなおして、前向きに婚活をリスタートさせた。

突然の態度豹変、交際終了

2番目の交際相手、本田麻里(39歳、仮名)は、お見合い後に交際に入り、毎日のようにメールのやり取りをしていた。初めて都内のレストランで食事デートをしたときも、話は盛り上がり、則雄はいい感触だと思っていた。

「別れ際に、『またぜひお会いしたいです』と言ったら、『はい、こちらこそ。会社の予定を見て、ご連絡を入れますね』と言われたんです」

それからも毎日メールをやり取りしていた。ところが、その3日後の水曜日を境にメールの反応が急に鈍くなった。

「レスが、2日おいて金曜に来ました。『仕事が忙しくなってしまったので、今週末はお会いできなくなりました』という内容でした。態度も急によそよそしくなって」

そして、週明けに交際終了が来た。

「本田さんには、本命がほかにいたんだと思うんですよ。僕はキープだった。おそらく本命とうまくいったので、僕とは交際終了にしたのでしょう」

お見合いの場合、“交際”と“真剣交際”の区分がある。お見合いをして、もう一度会ってみたいと思うと“交際希望”を出し、“交際”に入るのだが、その期間は相手との相性や人間性を知る、いわばお試し期間なので、ほかにお見合いをしてもいいし何人と交際をしてもいい。その中で、本命が出てきたら、その相手と“真剣交際”に入る。真剣交際に入ると、それまで交際していたほかの人たちはいったん交際終了にして、本命の相手と結婚に向けて真剣に向き合うようになる。

則雄が言うとおり、本田麻里には本命がいたのだろう。本命とうまくいったから、則雄は切られた。

「わかっちゃいるけど、せつないですよね。どんな男なのか相手の顔は見えないけど、僕は負けたわけですから、プライドが傷つきますよ」

「今夜は帰りたくない」と言われても…

3人目の交際女性、久野木智美(37歳、仮名)は、婚活パーティで出会い、マッチングした相手だった。バツイチなので男女交際にもこなれた感があり、お付き合いが始まったばかりの頃、これまでの女性とは違った確かな手応えを感じていたようだった。

「婚活市場にいる女性って、消極的な人が多いじゃないですか。彼女は積極的にメールを入れてくれるし、気持ちを直球で伝えてくれた。はじめてデートしたとき、“パーティで会ったときから、決めていました”と言われたんです。この間のメールには、“則雄さんは、とても気になる人です”とか書かれていて。今度こそうまくいきそうな気がしています」

経過報告をしてきた則雄の声が、弾んでいた。ところが、3度目のデートのときにとんでもない告白を智美からされた。

「私は隠し立てをしてお付き合いをすることができないので、お話ししておきますね。則雄さん以外に、もう1人気になる男性がいます。あと、明日の日曜日は、公務員の男性とお見合いをします」

もちろん、お見合い上のルールで、真剣交際に入るまで何人とお見合いしてもお付き合いしてもいいことは、則雄もわかっていた。ただ二股をかけていて、さらにこれから見合いもすることを公言されると、これまで智美の言葉を素直に受け取り、喜んでいた自分がなんだかバカらしく思えてきた。

そこで、憮然とした口調でこう返した。

「僕は、智美さんの行動を制限できる立場ではないし、このシステムで活動している以上、僕も智美さん以外に会ってみたい女性が出てきたらお見合いしようと思っていますよ。ただ、今は智美さんに選んでもらえるように、頑張るだけです」

場の空気が一気にしらけてしまった。すると、智美は身の上話を始めたという。両親はともに一部上場企業の会社員で、とても厳しく育てられた。母親は高給取りだったが、体罰を肯定する人だったのでよくたたかれて育った。両親は仲が悪く、智美が中3のときに一度離婚をしたのだが、高2のときによりを戻した。再婚してみると、また互いを罵り合うケンカの日々。そんな家から飛び出したくて、大学を卒業してすぐに50代の男性と結婚した。ところが結婚をしてみたら、その男性は父親そっくりな人で、彼の言うことに逆らうと、暴力的な言葉を浴びせるモラハラだった。最初は言葉だけだったが、暴力も振るわれるようになり、2年で離婚をした。

則雄は、私に言った。

「彼女は、ご両親にも結婚相手にも恵まれなかったから、こちらの愛情をはかろうと、喜ばせるようなことを言ったり、ほかの男性の影をチラつかせて嫉妬心を煽ろうとしたりするんだなと思ったんです。そして、なによりもびっくりしたのが、その日の帰り道、駅まで送ろうとしたら、『今夜は帰りたくない』って言ってきたんですよ。僕だって男ですから、据え膳食わぬはなんとやら。だけど、結婚相談所の出会いである以上、体の関係になったら成婚。責任を取らないといけない。こんな支離滅裂、情緒不安定な女性と自分は結婚できるのかと考えたら、その夜泊まることには二の足を踏んでしまいました」

そこで、則雄は、「相談所の規約は知ってるよね。今夜はひとまず帰ったほうがいいよ」と諭して、そのまま電車に乗せた。

すると、別れ際に智美が言った。

「女に恥をかかせるなんて、男らしくない!」

そして翌日、智美の相談室から、「交際終了」が届いた。

結婚できないアラフォーには、理由がある

「“ダメだったら、ハイ、次!”って、鎌田さんはよくおっしゃいますよね。そう思って我慢強くやってきましたけど、“お断り”されるって、否定されることじゃないですか。そのたびに傷つきますよ。まあ、僕が男として魅力がないのかもしれないけれど、それよりなにより婚活市場にいる女性って一般常識が通じない人ばかり。バツイチの自分を棚に上げて言いますけど、30代、40代で結婚できない女性っていうのは、結婚できない理由がその人にあるんですよ。本当に疲れる。こんな状況で婚活を続けて、本当に結婚できるんでしょうか?」

則雄は、婚活をスタートさせて3カ月になる。真剣に取り組めば取り組むほど、第1次婚活疲れを起こすのが、だいたい3カ月経った頃だ。

では、婚活疲れを起こしたときは、どうしたらいいのか?

まず大切なことは、今までだめになった交際について、反省はするものの、後悔はしないことだ。また、男女の関係がうまくいかなかったときの責任は、フィフティフィフティ。則雄は、「女性側の性格に問題がある」と言っているが、そういう女性だと見抜けずに好意を寄せた彼にも、見る目がなかったのだ。

交際終了を相手のせいにして自分を正当化してしまうと、嫌な感情がどんどん蓄積してしまう。自分は悪くないのに、こんなに頑張っているのに、“どうしてこんなヘンな相手にしか巡り合わないのだ”という気持ちになり、それが婚活疲れにつながる。

疲れたら休むことが、まずは大事。スポーツにしても練習して体力を消耗したら、いったん休んで体力を回復させ、練習を再開させる。疲れている体にムチを打って動き続ければ、筋肉疲労を起こしたりケガをしたりする。婚活疲れという精神的な疲れも、疲れたまま人に会い続けても、対峙した相手の人柄を見抜くことができなかったり欠点ばかりが目についたりと、負のスパイラルを起こす。

とはいえ、30代、40代、50代の婚活者にとって、時間は有限だ。休む期間は1週間でも2週間でも1カ月でも、短期間にする。そして、その期間は1人旅をしたり、趣味に没頭したり、パワースポット巡りをしたり、婚活のことはいっさい忘れて、異空間での時間を楽しんで気持ちをリセットしてみるといい。

則雄は、私の事務所で毒を吐き、それで気持ちをリセットしたのか、休むことなく婚活を続けている。その後、パーティに参加し、今も1人の女性と交際中だ。「疲れました」と言っておきながらも、動ける体力は、まだまだ残っているようだ。