Appleは現地時間2月7日、一般登録テスター向けにiOS11.3ベータ2を公開しました。開発者向けのベータ2から1日遅れでの公開となります。
 
ベータテストプログラムへの参加希望者は、「Apple Beta Software Program」で登録することができます。現在Appleは、iOS、macOS、tvOSのパブリックベータテスターを受け付けています。

バッテリー診断機能に高い関心

iOS11.3ベータ2では、バッテリーの健康状態が診断できる機能「Battery Health」が盛り込まれています。この機能によりユーザーは、自分のiPhoneのバッテリー状態を詳しく知ることができるようになります。
 
iOS11.3はさまざまな機能追加が行われるメジャーアップデートとなりますが、なかでもバッテリー診断機能は年末に発覚した、劣化したバッテリーを搭載したiPhoneのパフォーマンスをAppleが故意に落としていた問題に端を発するもので、関心を集めています。
 
そのほか、4種類のアニ文字の追加や、ARKit1.5へのアップデート、「Business Chat」、「Health Records」など、さまざまな機能が追加、アップデートされています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)