C・ロナウドが若手時代を回想「もはや、できないことが色々とある」

写真拡大

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が、自身の20代の頃との違いを語った。イタリア『GQ』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。

▽母国ポルトガルの名門スポルティング・リスボンでキャリアをスタートさせたC・ロナウドは、2003年にアレックス・ファーガソン監督(現在は引退)に誘われる形でマンチェスター・ユナイテッドに加入して一気にスターダムにのし上がった。

▽2009年にはレアル・マドリーに入団し、昨年には史上初のチャンピオンズリーグ連覇を達成。立役者としてバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び史上最多タイとなる5度目のバロンドールを受賞した。

▽さらに、2016年にはポルトガル代表として参加したユーロで初優勝を飾り悲願を成就。ワールドップ以外の主要タイトルをほぼ手にするサッカー人生となっている。

▽クラブでの公式戦通算715試合544ゴール、代表での公式戦通算147試合79ゴールと圧倒的な得点力から“ゴールマシン”とも呼ばれるC・ロナウドが、『GQ』のインタビューに対応。若い頃とは違うと語り、人間らしい面を覗かせた。

「僕には野望がある。沢山の野望があるんだ」

「誰もが自身の夢を追うべきだと思う。僕は自分のを追いかけてきたし、それを持続し改善してより遠くに到達したい。個人レベルでは素晴らしい瞬間にある。僕の家族は成長していて、人生をとても幸福に感じるよ」

「プロフェッショナルとして、僕はとても良い2年間を過ごしてきた。クラブとナショナルチームでタイトルを獲得したね。そして今後の数年間も、自分を高いレベルで維持できると感じているよ」

「あらゆる観点から、人生というのは絶え間ない挑戦だ」

「とても興味深いよ。特にスポーツ選手にとってはね。僕は身体能力のレベルを最高に保とうと試みている。僕の職業にとって、とても重要なことだからね。僕は100%でなければならないし、とても真剣に取り組んでいる」

「今では、10年前と同じことはやっていない。このレベルで自己を維持するためには、犠牲を払わなければならない」

「もはや、できないことが色々とある。確かに、僕が20歳の頃にやったことはできないよ」

「僕らはいつだってバランスを保たなければならない。細かいディティールでさえ違いを生むんだ」