伝統的な食品の納豆は美容や健康にとても優れているのは周知のことですね。レシチン、食物繊維、大豆イソフラボン、ビタミンB群と豊富に栄養素が含まれています。ただ、この納豆ですが、ある種の医薬品と同時に摂るのはデメリットがとても大きいということを聞いたことはありませんか?最近の医薬品は相互作用をそこまで気にしなくていいという説もあるようですが、一般論として、納豆と摂るべきではない薬品について頭に入れておきましょう。

抗血栓薬のワルファリンと納豆を一緒摂るべきではない

血栓(けっせん)とは血管内の血液がカタマリを作ることです。血栓のはたらきは止血することにあります。何らかの原因で血管が傷つけられた時に止血のために血小板がその傷の周りに集まってきてカタマリとなります。これが血栓となるのです。通常止血が済むと血栓は溶けて消えてしまいますが、何らかの理由で血栓が溶けずにそのまま残ってしまうのが血栓症です。

血栓症で血管が塞がれることによって、心筋梗塞や脳梗塞を招くことがあるので、血液をかたまりにくくする抗凝固剤を処方されている人がいます。他にも動脈硬化の傾向がありワルファリンなど、血液の流れをスムーズにする薬を処方されている人はビタミンKの多く含まれた食物に注意する必要があります。ビタミンKは血液を固めるときに必要な栄養素で、ワーファリンの作用を弱めてしまうと考えられているからです。

一緒に摂るのに普通の納豆よりさらにダメなのが「ひきわり納豆」

納豆には普通の粒納豆と少し製法過程の違うひきまわり納豆がありますが、ひきわり納豆の方が普通の粒納豆よりビタミンKの含まれている量は1.5倍ほど多くなります。ワルファリンなど抗凝固剤を服用している人は普通の納豆も控えた方がいいですが、特にひきわり納豆は厳禁というのが通説です。その他の食材でビタミンKの多い食材としてはパセリ、モロヘイヤ、しそ、バジルなどがありますので、この辺りも注意し、なるべく一緒に摂らないことが賢明です。

ちなみに同じ大豆製品でも豆腐やお味噌はビタミンKの含まれている量は少なめだということがわかっています。医薬品を服用している人は食品や食材との併用で薬の効果が激減したり、さらには悪化することも考えられますので、お医者さんや薬剤師さんからしっかり情報と取っておくことが必要です。また、処方された薬は、今の食生活を変えない前提で調合されている場合も多いので、医師や薬剤師が特別に注意をしなければ、無理に食生活を変える必要がないことがほとんどです。

大切なことは自分が処方された薬がどういう成分でどういう目的があるのかを、理解できるまで医師や薬剤師に聞いてみることと注意事項についても自分からしっかり話を聞くことです。


writer:Masami