Image: Apple

なかなかわかりやすいです。

昨年iPhoneユーザーを大いに困惑させた、バッテリー劣化による性能低下問題。Apple(アップル)はこの問題について近日リリース予定の「iOS 11.3」で対処すると明言しており、今回は新たに公式ページにてその設定画面や利用方法が公開されています。

Image: Apple

まず設定アイコンから「バッテリーの状態(ベータ)」へ進むと、最大容量がパーセントで表示されます。これは100%なら新品と同等の性能、それ未満ならバッテリーが劣化していることになります。なおAppleによると、iPhoneはフル充電サイクルを500回繰り返しても最大80%の性能を維持するように設計されているそうです。

「ピークパフォーマンス性能」ではパフォーマンスが最大限発揮されているか、バッテリーを保護するためにパフォーマンス管理(性能低下)が起きているか、あるいはバッテリーの状態が把握できない、などの情報が表示されます。

Image: Apple

バッテリーが劣化している場合には、バッテリー交換を推奨するメッセージとともに「パフォーマンス管理を無効にする」ことができます。パフォーマンス管理を無効にすると、劣化したバッテリーでガンガンプロセッサを回すので、その分予期せぬシャットダウンが多くなると。

逆に無効にせずに使用するとパフォーマンスを抑えるので、もっさりとした動きになるわけですね。極端な例でいうと、具体的には以下のような変化が見られる場合もあるそうです。

・App の起動に時間がかかるようになった。
・スクロール中のフレームレートが低くなった。
・バックライトが暗くなった (コントロールセンターで設定の変更が可能)。
・スピーカーの音量が小さくなった (最大で -3dB)。
・一部の App でフレームレートが徐々に低下する。
・さらに極端な場合は、カメラのフラッシュがカメラの UI に表示されているにもかかわらず使用できなくなる。
・バックグラウンドで更新されるはずの App が起動中に再読み込みされることがある。

ちなみに一度無効にするとユーザーが再びパフォーマンス管理をオンにすることはできず、突然のシャットダウンが発生すると自動で再びオンになります。

というわけで、なかなか親切に実装される予定のバッテリー管理機能。自分のバッテリーがヘタっていたら少し凹みそうですが、その際には無償(あるいは割引料金)のバッテリー交換プログラムを利用しましょう。


Image: Apple
Source: Apple

(塚本直樹)