レノボ、第5世代ThinkPad X1 Carbonをリコール。バッテリー異常発熱による破損のおそれ

レノボは2月7日、モバイルノートPCの人気モデル ThinkPad X1 Carbon(第5世代)の一部製品をリコールすると発表しました。バッテリーの異常な発熱により、製品の一部が破損する事故が全世界で3件(日本では1件)発生しているとのこと。レノボは無償点検を行い、異常を確認した場合には内蔵バッテリーの交換修理を実施します。

異常発熱の原因として、レノボは製品内で脱落したネジが内蔵バッテリーを傷つける可能性があるとしています。ただし、この問題による火災の発生やけが人といった被害の拡大はありません。

リコール対象は、2016年12月から2017年10月に製造された機種番号(レノボではマシン・タイプと表記)は20HQ、20HR、20K3、20K4。2017年11月1日以降に製造された製品は対象外となります。この番号は本体底面もしくはバッテリー装着場所に貼り付けられているラベルで確認できます。



レノボでは上記4桁の番号とシリアルナンバーを入力すればユーザーが使用しているThinkPad X1 Carbonが無償修理・点検対象かを確認できるページを用意しています。