【心理テスト】悲しい気分のときに聴きたい音楽でわかる心のオープン度

写真拡大

 あなたは日頃、どんな音楽を聴いていますか? 好きな音楽は、あなたの波動と一致。あなたらしさを表現しているのです。そこで今回は、音楽から、あなたの心のオープン度を探ってみましょう。

【質問】
 とても悲しいとき、あなたはどんな曲を聴きますか?

A:悲しい曲
B:明るい曲
C:好きなミュージシャンの曲
D:ヒーリング音楽

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「心のオープン度」
 心を開いていれば、悲しいときに、悲しい波動の曲を受け入れやすくなるでしょう。そこから、あなたの心のオープン度がわかるのです。

■A:悲しい曲……心のオープン度95% すべてをさらけだせる人
 悲しい気分のときは悲しい曲が聞きたいと思ったあなた。心のオープン度は、高いでしょう。「人間関係は苦手だから……」と思っているかもしれません。しかし、あなたはとても素直な性格で、すべてをさらけだせる人。心のつながりを大切にしたいと思い、自分から心を開いていくでしょう。

■B:明るい曲……心のオープン度15% 人に弱みは見せない
 悲しいときこそ明るい曲を聴いてテンションを上げたいあなた。心のオープン度は、低めです。一見すると、あなたはとてもオープンな性格に見えますが、実際は警戒心が強く、弱みを見せないでしょう。悲しいのに明るく振る舞ってしまうなど、自分の本音や、どろどろした感情を隠すため、心のシャッターを閉めてしまいがちです。

■C:好きなミュージシャンの曲……心のオープン度40% 特定の人だけ!
 好きなミュージシャンの曲なら、悲しい曲でも、楽しい曲でも癒やされると思ったあなた。心のオープン度はやや低めです。あなたは好き嫌いがはっきりしていて、簡単には心を開きません。しかし、「この人なら……」と思った特定の人には、心を開くでしょう。友達や信頼できる人の数は少ないですが、長く付き合っていくタイプです。

■D:ヒーリング音楽……心のオープン度60%、損得勘定で動く
 癒やしのために作られたヒーリング曲なら、悲しみを消し去ってくれると思うあなた。心のオープン度は、やや高めです。あなたは損得勘定で動くタイプ。心を開いてプラスにならない相手はシャットアウト。自分を助けてくれそうな相手なら、心をどんどん開いていきます。また悲しいときは、誰かにすがる気持ちが強くなるでしょう。

 心を開きたくないときは、シャットアウトしても問題はありません。しかし、心を開きたいのに開けずに悩んでいるなら、一歩を踏み出す努力が必要です。焦らず、自分なりの方法を見つけていきましょう。
(金森藍加) ※画像出典/shutterstock