韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は7日、昨年11月に起きたマグニチュード7.2の地震と余震で人的・物的被害を受けたイランに30万ドル(約3300万円)規模の人道支援を赤新月社を通じて行うと明らかにした。

 支援は現金20万ドルと10万ドル相当の救援物資という。

 イランでは同地震で400人以上が死亡し、5万世帯以上が被災した。余震により、けが人と物的被害が続いている。