2015年に自殺した広島市職員の女性、長時間労働による過労が原因

ざっくり言うと

  • 広島市職員の女性がうつ病などを患う気分障害を発症し、2015年に自殺した
  • 地方公務員災害補償基金広島市支部は過労が原因として、公務災害と認定
  • 女性の時間外労働は14年12月〜15年9月のうち7カ月は100時間を超過していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング