正恩氏と与正氏(資料写真)=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は7日、平昌冬季五輪に合わせて北朝鮮が派遣する高官級代表団に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏が含まれていると明らかにした。北朝鮮が同日午後、韓国側に代表団の名簿を通知したという。

 故金日成(キム・イルソン)主席の直系を意味する「白頭血統」の一員が韓国を訪れるのは初めて。

 代表団には国家体育指導委員長を務める崔輝(チェ・フィ)党中央委員会副委員長と南北閣僚級会談の団長だった李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長が入った。

 北朝鮮は4日、韓国側に通知文を送り、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を団長とし、団員3人、支援スタッフ18人の高官級代表団を9〜11日に派遣するとしていた。