画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カゴヤ・ジャパンは11月2日、米NVIDIAのデータセンター向けGPU 「Tesla P100」「Tesla P40」を搭載した「Tesla GPUサーバー」の提供を開始した。

「Tesla GPUサーバー」は、CPUの数倍から100倍以上の速度で計算処理を行うことが可能で、ディープラーニング/機械学習に適したサーバインフラ。

サーバの仕様は、CPUがE5-2637v4(3.5GHz)×2(8コア/16スレッド)、[メモリが128GB、ストレージがSSD480×2(RAID 1)、ネットワークが1Gb-T×4ポート/10Gb-T×2ポート、[標準OSがUbuntu16.04LTS(64bit)。OSはほかにも利用可能。

プランは搭載するGPUとカード枚数の違いにより、計4タイプから選ぶことができる。ラインアップは以下のとおり。

Tesla P100(搭載GPU:NVIDIA Tesla P100)

Tesla P40([搭載GPU: NVIDIA Tesla P40)