ルブタンが「赤い靴底」の権利独占を求めた訴訟 ECJは認めない見解

ざっくり言うと

  • クリスチャン・ルブタンが赤い靴底を使用する権利の独占を求めていた訴訟
  • EUの最高裁に当たるECJは6日、独占権利は認められないとの見解を示した
  • 赤い色は靴底の形とは不可分で、形は通常、EUの商標法で保護されないとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング