Appleは現地時間2月6日、macOS High Sierra 10.13.4の2回めのベータ版を、開発者向けにリリースしました。最初のベータ版から2週間での公開となります。

バグ修正とパフォーマンス向上が中心

macOS High Sierra 10.13.4では、バグ修正とパフォーマンス向上が中心で、同じ日にベータ2がリリースされたiOS11.3のような目立ったアップデートは報告されていません。
 
現時点で判明しているのは、iOS11.3への追加も発表されている「Business Chat」機能の導入で、ユーザーが企業や商店と直接やり取りできるようになるというものです。これがiOSだけでなく、macOSにも追加されます。
 
またすべてのメッセージをiCloudに保存可能となる機能も、iOS11.3に加えmacOS 10.13.4にも追加されると見込まれています

Macでも32ビットアプリが動作しなくなる

このほか、32ビットアプリが動作しないことを警告する通知、これまでiMac Pro専用だった「Ink Cloud」の壁紙がすべてのMacに対応、などの変更点が判明しています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)