写真=iStock.com/Georgijevic

写真拡大

手軽に情報発信できるツイッターだが、1度のツイートで他人に大きな被害を与えてしまうおそれもある。ジャーナリストの岩上安身氏を訴えた事例をもとに、橋下徹弁護士が「名誉棄損にならない情報発信法」を指南する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月6日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

■ツイッターで許される表現はどこまでか

現在岩上安身氏に対しての訴訟が継続している。僕は、法律に則って大阪で裁判を起こしたが、岩上氏が色々な理由を付けて東京で裁判をやるべきだと裁判所に申立てをした。結果は、岩上氏の申立ては却下。大阪で裁判が行われることになった。当たり前だ。こちらは被害者なんだから。

(略)

僕が訴えた理由は、岩上氏が「橋下知事は府職員を自殺に追い込んだ」という他人のツイートをリツイートしたことによる。岩上氏は一定の期間の後、そのリツイートを取り消していた。そして、岩上氏は「リツイートしただけなのに(しかも取り消し済み)、抗議や言論による反論なくいきなり訴えるなんて、言論を委縮させる不当訴訟だ」というような反論をしている。

自由で民主的な国家においては、表現の自由は最大限に保障されなければならない。表現活動を規制したり、表現活動にプレッシャーをかけたりすることは、表現活動を委縮させるので細心の注意を払わなければならない。これは当然の前提だ。

しかし表現の自由が無制約に保障されるわけではなく、やはり他人を傷つけるような表現は一定規制される。民事においては名誉棄損に基づく損害賠償責任(民法709条)としてお金を支払わされ、刑事においては名誉棄損罪として刑罰(刑法230条)を受ける。

だから、どこまでの表現が許されて、どこからの表現が許されないのか。ここを知っているのと知らないのとでは、天と地ほどの大違いなんだよね。

この境界線を知っていれば、アウトにならない範囲で堂々と表現ができる。境界線を知らない人は、アウトになることにびくびくしなければならないし、アウトの表現をしてしまってから後悔する。

(略)

ネット社会では、国民一人一人が発信する力を持つことになった。ブログ、ツイッターなどのソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)で、国民一人一人が果敢に情報発信している。既存のメディアが情報発信力を独占していた時代と比べて、大変すばらしい世の中になったと思う。既存のメディアは既得権にあぐらをかいているわけにはいかず、尻に火が付いた。国民に信頼されるように努力しなければならなくなったし、何よりも既存のメディアのおかしな情報発信が国民一人一人によって正されるようになった。すなわち既存のメディアも国民に監視されるようになったんだよね。

ネット社会において、僕も政治家としてツイッターという強力な武器を与えてもらったよ。これまで政治家は既存のメディアに批判されたら、完全に言われっぱなしの状態だった。勘違いした既存のメディアの記者連中には、俺様の力でお前たち政治家の政治生命はなんとでもなるんだ、という態度を露骨に出してきた奴も結構いたからね。

(略)

■情報発信は手軽になったが責任は軽くならない

さて国民一人一人が情報発信できるようになったことに戻るけど、ネット社会では、情報発信がほんと超簡単にできるようになった。これは大変良いことだ。これまでなら、自分が発信したいことを紙に印刷してそれを街頭で行き交う人に配ったり、新聞の折り込みチラシとして入れたり、各家のポストに投函したり、まあ費用も1回で最低でも数十万円はかかっていた。多くの人への情報発信ってとにかく大変だったよ。

(略)

それがインターネットでは簡単に、そして低コストで、情報発信できるようになった。

(略)

だけど、これだけ便利でお手軽に情報発信できるネットツールであっても、名誉棄損で人を傷つけた場合には、紙で発信した場合と同様に責任を負わされる。これは当たり前だ。被害者にとってはネットであろうが紙であろうが、傷ついた被害は同じだからね。ネットでの情報発信がお手軽になった分、責任までが軽いように感じられているなら危険だ。簡単にできる行為であっても、他人を傷つけたなら重い責任を負わされるのは当然だ。だからこそネットを活用する表現者は、名誉棄損とは何なのかをしっかりと知る必要がある。

まず名誉棄損というものは、「不特定多数に対して、他人の社会的評価を低下させる表現をした」ことをいう。このときの「不特定」「多数」って、10人ほどで十分成り立つんだよね。10人ほどに言えば、その後口伝えでどんどん広まる可能性があるからね。

10人なんて、ネットの世界ではごく少数の感覚じゃないかな。ツイッターでも10人のフォロワーしかいないというと、ちょっと寂しい感じがする。100人、1000人のフォロワーがいるという人は、ざらにいるからね。

だからツイッターの世界では10人のフォロワーというと、物凄く狭い、特定の仲間内での話のような気がするけど、法律上の名誉棄損は、10人相手に情報発信しても十分責任を負わされる。むしろリツイートによる拡散力を考えると、10人のフォロワーに対するツイッター情報発信の方が、これまでの紙や口頭での情報発信よりもきっちりと名誉棄損の責任を問わなければならない。ましてや数万人、数十万人のフォロワーがいる場合には、かなり重い責任を負わさなければならない。

ここ要注意だよ。10人のフォロワーでも名誉棄損の責任を負わされるんだからね。こう見ると、ツイッターのフォロワー数って非常に危険だ。数百、数千、数万人のフォロワーであっても、情報発信することの重みをあまり感じない。しかし紙で考えると、その凄さを実感する。1万枚以上、それこそ10万枚のビラの数って、半端ないよ。段ボールで数箱分なんだから。

(略)

■危険性を認識できない人はツイッターを使うべきではない

だけどツイッターの世界だと、ボタン1つ、ワンクリックで情報発信できてしまう。これがデジタル社会の恐ろしさ。ほら、カードなら結構な額のブランド物でも無理して買えるけど、同じ額を現金で払おうとしたときに、その高額さを実感して買うのを止めたということあるでしょ? だから僕は妻にプレゼントするときは、常に現金で払うことを頭に浮かべて、プレゼントの恐ろしさをかみしめながら、カード払いしている(笑)。この恐ろしさを感じなくなった人は、破産の道をまっしぐらに進んじゃう。

岩上氏は「たった1回のリツイートなのに」と反発しているけど、これは数万人、数十万人のフォロワーの実態というものについて全く理解がないからだろう。岩上氏には、1度、数万人、数十万人にビラを配る経験を勧める。そしたら、数万人、数十万人のフォロワーがいる中でのツイート、リツイートが、たった1回であってもどれだけ大規模な、たいそうな表現行為であるかが分かるはずだ。ところが、ツイッターのワンクリックという動作が、その大規模さ、たいそうさを隠してしまう。

これがツイッターを使う人が、ツイッターの危険性を理解しなくなる最大の原因だろう。ツイッターは便利で簡単だ。しかし表現行為自体は大規模な表現行為と変わらない影響力がある。ツイッターの表現で他人を傷つけてしまった場合には、紙や口頭での表現と比べてとてつもない被害を与えてしまう。だからこそ、ツイッターを利用する場合には細心の注意が必要になるんだ。

ツイッターの危険性を認識できない人はツイッターを使うべきではない。ましてやプロのジャーナリストであれば、この危険性を当然認識しているべきで、それが理解できないならジャーナリストを辞めるべきだ。「たった1回のリツイートくらいで」とほざいている岩上氏は即刻ジャーナリストを辞めるべきだね。

(略)

(ここまでリードを除き約3000字、メルマガ全文は約1万1000字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.90(2月6日配信)を一部抜粋し簡略にまとめ直したものです。もっと読みたい方は、メールマガジンで! 今号は《【ネット時代の表現の自由(2)】名誉棄損を避け自由に情報発信するための「超実践」ポイント〈6〉(前編)》特集です!!

(前大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹 写真=iStock.com)