スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ。

第25回目のお悩み:いま、格安スマホへの乗り換えを検討中です。どんな手順で手続きをすればスムーズにいくのか教えてください。

MVNOの各サイトで利用できる料金シミュレーションを上手に活用しましょう。

月々のスマホ代金をなるべく安く抑えたいなら、MVNOへの乗り換えがいいらしい!?とは分かっているものの、実際に乗り換えるとなると、手続きの仕方がいまいち分からなかったり、なんだか面倒に思えてきたり……。乗り換えに一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

でも、実際に料金シミュレーションをしてみると、そのお得感を実感できるはず。たとえば、mineoでシミュレーションをしてみると、電話番号や機種はそのままなのに、月々の支払いがこんなに変わるのです。

今回は、6GBで音声通話ありのプランを選んでシミュレーションしました。

これは乗り換えするしかないでしょ!ということでついに決断。実際に手続きをしたライターが、手順を分かりやすく解説します。

ステップ1 SIMロック解除が必要な場合はウェブで手続き!

MVNOに乗り換える際に、いま使っているスマホをそのまま利用する場合は、大手キャリアのSIMロック解除が必要な場合があります。ただし、いま使っているキャリアと同じ回線を利用しているMVNOへの乗り換えであれば、SIMロック解除の必要はありません。乗り換えを検討しているMVNOのウェブサイトで確認しましょう。
私の場合は、SoftBankからmineoへの乗り換えだったので、SIMロック解除が必要でした(mineoの場合は、docomoとauからの乗り換えであれば、SIMロックの解除なしに機種をそのまま使うことができます。ただし、動作確認が取れた機種に限るので、ウェブサイトで確認を)。
そこで、まずは「My SoftBank」からSIMロック解除の手続きをします。店頭でのSIMロック解除の場合は手数料が発生しますが、「My SoftBank」からの申し込みであれば無料なのでおすすめですよ!

IMEI番号はiPhoneの場合は、「設定」>「一般」>「情報」から見ることができます。Androidの場合も、設定から確認ができます。

ただし、SIMロック解除をするには、以下の条件に満たしていることが必要になります。自分の機種をきちんと確認しましょう。

2015年5月以降に発売された製品
購入日より101日目以降
(SoftBankの場合。2018年2月現在)

たとえば、新しい機種でMVNOに乗り換えたい場合は、SIMフリー機種を購入するという方法もあります。まずは、今現在のキャリアと、乗り換え先のホームページなどをよく確認するようにしましょう。

ステップ2 いま契約中の通信会社へMNPの手続きを!

今使っている電話番号をそのまま継続して使うなら、現在契約中の携帯通信会社に電話をして、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の手続きをします。下記のキャリアの問い合わせ先に電話をして、MNPの手続きをしたい旨を電話口で伝えます。私ももちろん、電話番号は継続するので、こちらの手続きをしました。
使用中の電話番号を伝えて、本人確認ができれば、MNPの予約番号を発行してくれます。予約番号を控えるので、メモの用意を。このとき、MNPの転出手数料や、キャリアとの契約解約料(2年ごとの契約更新月以外に契約解除をすると違約金が発生します)、機種代の残金などが発生する場合は案内があります。また、転出手数料はSoftBankとauは3000円、docomoは2000円がかかります。(2018年2月現在)

<MNPに関する問い合わせ先>

・SoftBankの場合(受付は午前9時〜午後8時)
ソフトバンク携帯電話からは「*5533」
一般電話からは「0800-100-5533」(無料)

・auの場合(受付は午前9時〜午後8時)
au携帯電話・一般電話共通「0077-75470」(無料)

・docomoの場合(受付は午前9時〜午後8時)
ドコモ携帯電話からは「151」
一般電話からは「0120-800-000」

受付後にすぐに、このような確認メールが届きました!

メールにもMNPの予約番号が確認できるので安心です。

ステップ3 乗り換え先のMVNOへ申し込みをする

MNPの予約番号を手に入れたら、次は乗り換え先のMVNOへ申し込みをします。MVNOによっては店頭で申し込みできるものもありますが、公式ウェブサイトからの申し込みも簡単です。MNPの予約番号やサービスの選択、契約者情報、本人確認などの情報を入力します。

mineoの場合は、申し込み手続きをするとメールで通知が届きます。

数日経つと、自宅に封筒が届きます。それを開いて、ご利用ガイドに従って、今入っているSIMカードと新しいSIMカードを交換します。

ご利用ガイドがあるので、機械が苦手な人でも安心です。

手順に沿って操作すれば、誰でも簡単に乗り換えが完了できますよ!
これまで、SoftBankを長年使ってきましたが、auのアンテナも問題なく使えています。今のところ、不具合もなし!次回からの通信請求書が楽しみです〜。

☆☆☆ 

いかがでしたか? 今回、私はmineoを利用しましたが、ほかにもY!mobileやUQ mobile、BIGLOBEなど、MVNOにはさまざまな会社があるので、いろいろと見比べてみてください。
今回、MVNOへの乗り換えははじめてだったのですが、短期間でかなりスムーズにできました。これなら、わざわざ店頭に行く必要もないので、仕事の合間や自宅にいながらに乗り換えが手軽にできます。MVNOへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり