Image: The Slow Mo Guys/YouTube

皮と脂肪の波紋がオーバードライブします。

何でもかんでもスローモーションで撮影するThe Slow Mo Guysが、今回はスモーをスローで撮影しよーとふたりのレスラーを招きましたよ。

今回は、合わせて約1,000パウンド(約453kg)になる巨漢のふたりを、ハイスピードカメラを使いフレームレート1,000fpsで撮影しようという、ダジャレのような思いつきで敢行したそうです。

では動画再生をはっけよーい、のこった!

参加したレスラーは、映画『ジョン・ウィック:チャプター2』にも登場し、世界相撲で2回優勝したヤマ。対するは優勝経験4回のビヤンバ。相撲レスラー歴27年の600ポンド(約272kg)と、16年400ポンド(約181kg)の戦いです。

ぶつかり合った時の肉のバウンスは衝撃的ですよね。ビヤンバの張り手はなんだかパン生地をこねているようですが、ヤマの胸に広がる皮と脂肪の波紋には生命の神秘すら感じます。

動画では、The Slow Mo Guysのメンバー、ダンがビヤンバに挑み、ヤマの日本語によるヤジに対して「サンクス!」と答えるシーンも。ですがダンは最初の取り組みで力みすぎて、オナラが出てしまったんですって。


Image: YouTube
Source: YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]
(岡本玄介)