マルキジオ、クラブへの忠誠変わらず「イタリアではユーベだけ」

写真拡大

▽ユベントスのイタリア代表MFクラウディオ・マルキジオが、クラブへの忠誠を誓った。イタリア『スカイ』でコメントを残している。

▽ユベントスの生え抜き選手であるマルキジオは、負傷の影響もあって、激しいポジション争いの中で今シーズンは出番が限られている。そのためこの冬は移籍の噂も出た。

▽しかし、4日のサッスオーロ戦でフランス代表MFブレーズ・マテュイディが負傷。約1ヵ月の離脱とみられており、マルキジオの出場機会が増えそうだ。

▽マルキジオはマテュイディに代わって途中出場したサッスオーロ戦について「アップもしてなかったから難しい状況だったよ」と振り返っている。

▽将来のことについて聞かれると同選手は、「僕は今のことに集中しているよ。ユベントスとの契約があと2年半あるしね。ただ、イタリア国内ならユーベ以外のユニフォームでプレーすることは考えられないね」と語り、移籍するならイタリア国外だと話した。

▽今シーズンは公式戦でまだ351分間しかプレーしていなマルキジオ。ユベントスでのキャリアはいつまで続くのだろうか。