中西学(左)に強烈なチョップを見舞う北村克哉=後楽園ホール

写真拡大

 「プロレス・新日本」(6日、後楽園ホール)

 北村克哉が7番勝負の第5戦で中西学と対戦して完敗。7番勝負は5戦全敗となった。

 分厚い筋肉で覆われた肉体を持ち、“レスリングモンスター”と呼ばれる北村は、専大レスリング部の先輩で、北村を上回る屈強な肉体を誇る“野獣”中西に果敢に肉弾戦を挑んだ。だが、タックル合戦では互角以上に渡り合うも、中西のチョップなどの重い打撃に苦戦。終盤は中西の巨体を持ち上げての脳天砕きを繰り出す怪力を発揮したものの、最後はアルゼンチン式背骨折りにギブアップした。

 北村は苦痛に顔をゆがめながら、「中西さん、あなたは大きくて、怪物みたいなバカ力で、アマチュアの時も練習でお世話になった。プロになってもお世話になって試合をさせてもらっています」と先輩に感謝しながらも、「いつか超えなきゃいけない壁だと思っていますので、まだ、あきらめてないです。いつか超えられるように進化していきたいと思っています」と“野獣超え”を誓った。