画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●撮影した商品画像に採寸した寸法を表記

富士通デザインは2月6日、スマートフォンで撮影した画像に、採寸した身体のデータを追記できるIoTメジャー「hakaruno(ハカルノ)」を発表しました。同日から90日間かけてクラウドファンディング「Makuake」を利用して資金調達し、目標額に到達した後は11月ごろに商品提供の予定です。価格は税込21,000円で、早期予約特典として8%〜40%オフのコースを用意しています。

富士通デザインは、対象ユーザーを大きく2つ想定しています。1つはオークションやフリーマーケットのサイトに出品するユーザー。もう1つは顧客を実際に採寸するプロのテーラー(仕立屋)など、アパレル業界のユーザーです。

hakarunoでは、撮影したアイテムの寸法入り画像が簡単かつ正確に作れます。操作は、フリマやオークションサイトに出品するアイテムをスマホで撮影し、寸法を測る身体の部位を画面で選択。hakarunoのメジャーを実物に合わせ、測定部のボタンを押すだけ。すると、自動で採寸データがスマートフォンの画面に反映されます。間違えた場合など測り直すときも、そのままメジャーを動かしてボタンを押し直すだけと簡単です。

寸法入りの画像は、商品の概要がぱっと見た目で分かるため、商品説明として身丈や肩幅などの数値を書く場合よりも、ずっと直感的にアピールできます。

hakarunoには、専用アプリで伝票のフォーマットを取り込むことで、伝票フォーマットに合わせて採寸した数値を自動入力する機能も備わっています。アパレルのスタッフは、注文を取る際にhakarunoで採寸するだけでよく、メジャーと筆記用具を持ち替える手間もなく、記入ミスも防げるなど作業効率が向上します。

フリマやオークションに出品する機会の多い人や、アパレル業界の関係者なら、間違いなく欲しくなるアイテムといえそうです。

●アイデア次第で使い方が膨らむ

hakarunoの本体は、アパレル業界では一般的な、抗菌剤入りの樹脂を練り込んだグラスファイバー製のアパレルメジャーに、W52×D42×H15mmサイズの計測装置が付いたものです。メジャーは15mm幅で計測部の中を通して動かし、0〜150cmまで5mm刻みで測れます。重さは約20gで取り回しやすく、普通のアパレルメジャーと比べてもそれほど気にならない仕様になっています。

計測部にはボタンが1つ備わっていて、そのボタンを押すことで、現在の計測値がスマートフォンの専用アプリに送られます。専用アプリはiOS 10以上、Android 6.0以上に対応。画面サイズは10インチ程度までを推奨としています。

通信はBluetooth Ver.4.2を使用。電源はコイン型リチウム電池(CR2450)1個を利用しています。なお、アプリの画面も含め、これらの仕様はすべてプロトタイプのものになるため、今後変更する可能性もあります。

今回、富士通デザインがクラウドファンディングを利用したのは、hakarunoの「測る行為をソリューションに結びつけた」コンセプトが、市場でどのような反応が得られるか未知数だったためといいます。

富士通デザインのクリエイティブディレクター/チーフデザイナーの藤原和博氏が中心となり、企画立案からプロトタイプ作りとヒアリングを2年間重ねたものの、「グループ内で製品化して流通させるには既存の製品と扱いが大きく変わるため難しく、富士通コンポーネントにハードの開発・製造を依頼、プライムキャストにアプリの開発とサービスデリバリーを依頼して、Makuakeで反応を見ることにした」とのこと。

富士通デザインの上田義弘代表取締役社長は、「今までだったらお蔵入りだったかもしれないアイデアを世に出したかった」と語りました。

このほかにも、赤ちゃんの成長記録や、観葉植物の観察記録、DIYの際の採寸などアイデア次第で様々な用途に活用できると述べています。

個人で利用するにはやや高額に感じますが、宅配受付などの物流業界とも相性が良いはず。服飾メーカーがマーケティングに利用したり、小売りのPOSと連動させたりもできる商品なので、ロットが増して価格が引き下がれば幅広い環境で引き合いになりそう。クラウドファンディングの動向に注目です。