北朝鮮は金永南氏を団長とする高官級代表団を平昌冬季五輪に派遣する(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は平昌冬季五輪(9日開幕)に合わせ来韓する北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を「首脳級」の待遇で迎える方針であることが6日、分かった。

 北朝鮮は4日夜、金氏を団長とし、団員3人、支援要員18人で構成する高官級代表団を9〜11日に派遣すると韓国側に通知した。

 政府当局者は「金常任委員長は北の(憲法上の)国家元首なので、そのようなことを勘案し儀典のレベルを決める」とし、首脳級の待遇になるものとみられるとの見解を示した。 

 政府は平昌五輪に合わせ来韓する各国の首脳や首脳級の要人に対し、一定水準のホテルと車両を提供するほか、連絡官や儀典官を付け、24時間随行させる。