入港した万景峰92に向かい太極旗(韓国国旗)などを振って抗議する保守団体=6日、東海(聯合ニュース)

写真拡大

【東海聯合ニュース】平昌冬季五輪(9日開幕)に合わせて五輪開催地である韓国北東部の江原道・江陵とソウルで公演する北朝鮮の芸術団を乗せた貨客船「万景峰92」が6日、東海岸の墨湖港(江原道東海市)に到着した。同港では同船の到着を前に一部の保守団体による集会が開かれた。万景峰92が入港すると、参加者らは北朝鮮の国旗や朝鮮半島旗、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の写真を焼くなどし、警察が急いで消化する場面も見られた。

 約140人からなる芸術団を乗せた万景峰92はこの日午前9時50分ごろ、東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を通過。午後5時ごろ、墨湖港に入った。

 同船に対する報道陣の接近は警察による厳重な警備により制限され、団員の姿もその場では確認できなかった。

 先に公演の準備を進めるため、5日に韓国北西部の陸路から韓国入りした芸術団の先発隊23人は準備を開始した。