画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、2017年9月に数量限定で発売した「プレイステーション 4 Pro」の限定カラーであるグレイシャー・ホワイトを再び販売する。今回も数に限りがあり、希望小売価格は44,980円(税別)。発売日は3月8日だ。

プレイステーション 4 Proのベーシックモデルとなる、ジェット・ブラックと基本性能は同じ。プレイステーション 4と異なり、4K映像の再生が可能となっている。4K対応のゲームソフトが楽しめるほか、インターネットに接続することでNetflixやYoutubeの4K対応作品も視聴できる。サイズはW295×D327×H55mm、重量は約3.3kgだ。

○ワイヤレスヘッドセット「CUHJ-15007」

あわせて3月8日に、ワイヤレスヘッドセットの最新モデル「CUHJ-15007」も発売する。希望小売価格は12,000円(税別)。内蔵のマイクは、周囲の雑音が入りにくい「エコーキャンセル」機能を搭載した。

同梱のアダプタをゲーム機本体に取り付けることで、ゲーム機とワイヤレスで接続可能だ。対応デバイスはプレイステーション 4 Pro、プレイステーション 4、プレイステーション Vita。同梱の音声ケーブルを利用し、有線でも接続できる(プレイステーション Vitaは有線接続のみ)。

CUHJ-15007では、7.1chサラウンド(センター、フロント左右、サラウンド左右、リア左右のスピーカー7台とサブウーファー)を疑似的に再現した音楽体験が楽しめる(PS4やPS 4Proにワイヤレス接続している時のみ)。直径50mmのドライバーを搭載し、臨場感あるサウンドを再現する。本体サイズはW201×H172×D91mm、重量は約230g。