2日目のスタート前に棄権した松山(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<FedExカップポイントランキング>
アリゾナ州のTPCスコッツデールにて開催された、米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」終了時点でのFedExカップポイントランキングが発表された。
世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
同大会で、プレーオフを制して2013年以来の優勝を挙げたゲーリー・ウッドランド(米国)が、33ランクアップの5位に浮上。同大会で3位タイに入ったブレンダン・スティール(米国)が同ランク6位から3位へと順位を上げた。
獲得1,247ptでランキングトップに立っているのは、17-18シーズン2勝のパットン・キザー(米国)。339pt差の2位には、世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)が続いている。
「ウェイスト・マネージメント-」で一時首位に立つも11位タイに終わったリッキー・ファウラー(米国)は、1ランクアップの18位。また、左手親指母指球近辺の痛みのため、第2ラウンドスタート前に棄権した松山英樹は、32位から41位に後退。同ランク1位との差は965ptとなっている。
【FedExカップポイントランキング】
1位:パットン・キジーア(1,247pt)
2位:ジョン・ラーム(908pt)
3位:ブレンダン・スティール(812pt)
4位:パット・ペレス(761pt)
5位:ゲーリー・ウッドランド(750pt)
6位:オースティン・クック(721pt)
7位:ダスティン・ジョンソン(718pt)
8位:ジャスティン・トーマス(688pt)
9位:ブライアン・ハーマン(630pt)
10位:ジェイソン・デイ(630pt)
18位:リッキー・ファウラー(475pt)
41位:松山英樹(282pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山棄権後、「ヒデキのトーナメント」は「誰のトーナメント」になったのか【舩越園子コラム】
松山英樹が無念の棄権「一生ゴルフができないのではという怖さがある」
「長くゲームから離れてほしくない」ファウラーが松山英樹の復活を望む
単独首位に立ったリッキー・ファウラーが「絶対勝つ」に込めた思い
【PGAツアー動画】松山英樹が鋭いアイアンショットでバーディ締め!