sRemo-R

写真拡大

 SOCINNO(ソシノ)は1月30日、スマート学習リモコン「sRemo-R(エスリモアール)」のレッドモデルをAmazon.co.jpで発売した。税別価格は6800円。シルバーは2月中旬、ブルーは2月末に発売予定。

 スマートフォンを利用した家電製品のリモート操作や、Google HomeやAmazon Echoといった音声AIアシスタント搭載スピーカーとの連携による家電の音声操作、IFTTTのWebHooksとの連携によるGmail、Twitter、LINEとの連携など、多彩な操作が可能なスマート学習リモコン。

 リモコン信号は、本体正面の赤外線受光部から記憶させることができ、受信可能なリモコン信号は、特定の信号パターンに依存しないため、全メーカーの信号に対応する。

 スマートフォン/タブレット端末向けの専用アプリ上には、141個のボタンを設定可能なので、さまざまな家電を制御できる。各ボタンには最大16ステップのマクロを設定することが可能で、次の信号を送信するまでの空き時間設定や、長押しによる連続送信にも対応している。

 本体には温度/湿度/照度センサを備えており、センサが取得した情報は、専用アプリでグラフ化して閲覧できる。さらに、あらかじめ設定した温度・湿度・照度に応じたリモコン制御や、メール通知などが可能で、本体の7基の赤外線LEDによって、室内にある複数の家電を制御できる。対応OSはiOS 9.0以降で、Android向けアプリも2月中に提供予定。