2017年まで一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)と日本テレビ放送網株式会社(以下日テレ)の共催で行われていた国内女子ツアー最終戦が、18年はLPGAの単独主催で行われることが6日(火)、発表された。
女子プロたちが可憐な装いで登場!LPGA創立50周年記念パーティ
17年の12月に行われた日程発表では「現在交渉中」(小林浩美LPGA会長)と話すにとどまっていた最終戦の主催・協賛がようやく決まった。昨年、突如噴出した放映権問題との関係は不明だが、長らく主催に名を連ねた放送局が外れたのは驚きだ。なお、今回の件についてLPGAは「日程発表に間に合わなかったのは、LPGA単独主催になるということで協賛社と交渉していたため」と回答している。
同時に特別協賛社は引き続き、株式会社リコーとなることも併せて発表。大会名は17年と同様に「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」となる。
なお、最終戦同様にLPGAと日テレの共催で行われている「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」は18年も共催で行われる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

レコードVで締めくくり 今季4勝のテレサ・ルー、来季への課題は?
キム・ハヌルは2か国目の賞金女王になれず「来年こそなりたい!」
祝・女王戴冠!鈴木愛の1年をコメントで振り返る
【年女インタビュー】鈴木愛が語る12年前、今、そして12年後「次の12年で、20勝!」
あなたの1票で決まる!2018年 国内女子ツアーの顔は誰だ!?