活躍を誓う金鉉起=6日、平昌(聯合ニュース)

写真拡大

 

 平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプに出場する金鉉起(キム・ヒョンギ、35)は今大会が韓国選手としては冬季五輪で史上最多タイの6大会連続出場となる。14歳だった1998年、長野大会に初出場。「母国で開かれる五輪に代表として出場することはなかなかない機会なので、光栄に思う」と話した。今大会では決勝出場を目指す。日本代表で45歳の葛西紀明を取り上げ、「35歳はまだ若い」として、「22年大会にも出場したい」と笑った=(聯合ニュース)